紫陽花ニュース                                

AJISAI Running Club -2005-       

                 

 

→Home   →選手紹介   →出場大会 →紫陽花ニュース  →写真集     →リンク

 

 

第4回愛知リレーマラソンin庄内緑地

みんなで繋いだ3時間9分20秒

チーム最速は、2大会連続タカ選手!!

 


桜も見頃となり、大勢の人が参加した「第4回愛知リレーマラソンin庄内緑地」が3月30日に開催されました。紫陽花RCからは10人の選手で構成された1チームが出場しました。前回の豊田スタジアムでのリレー大会に比べると、アットホームな雰囲気で競技場は温かな空気に包まれました。

紫陽花RCの成績は総合106チーム中44位、男女混合の部では35チーム中15位という結果でした。

 

今回の第1走者は、前回大会でチーム最速のタカ選手。スタート直後は控えめなポジションでしたが、競技場に戻ってきた時には上位となっていました。第2走者の708選手は体調を崩していたのですが、好タイムで順位をキープ。そして最近昇り調子の第3走者和馬選手は、地の利を活かして順位を上げました。こうなるとチームは段々と盛り上がり、続くコジ選手、恵美選手、生馬選手がタスキを繋ぎ、弟の欠場により、急遽参加となった第7走者の桑選手も力走。次走者の徳さんも腰痛が完治していない状態でのレースでしたが、精一杯頑張りました。

そして今回初参加の久美選手も、練習が思うようにできなかったものの、見事2.18kmの距離を走りきりました。今回もアンカーを務めた流選手が最長区間の2.7kmを走ると、ゴール付近にはチームメイトや紫陽花応援団が待ち構えており、感動のゴールとなりました!

流選手は「トラックに戻ってきて、皆からの 流! 流!という声援がとっても励みになり頑張れました。」

 

 

第4回愛知リレーマラソン

紫陽花RCスピードランキングBEST5

順位

選 手 名

区間

距離

タイム

スピード(km/h)

1

タカ

18区

2.18km

8分14秒

15.9

2

 生馬

6区

2.18km

8分45秒

15.0

3

 流

9区

2.18km

8分51秒

14.8

4

和馬

3区

2.18km

8分57秒

14.6

5

708

2区

2.18km

9分13秒

14.2

 

  (2008.04.13)   

 −戻 る−

 

Counter