紫陽花ニュース                                

AJISAI Running Club -2005-       

                 

 

→Home   →選手紹介   →出場大会 →紫陽花ニュース  →写真集     →リンク

 

 

第5回チャレンジリレーマラソンin豊田スタジアム

紫陽花RC 3時間7分54秒、感動の13位!!

チーム最高記録はタカ選手

 


 大会結果はこちら

 写真集はこちら

 

第5回6時間チャレンジリレーマラソンが9月16日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで開かれ、約2400人が参加しました。台風の影響で雨が降ったりやんだりの天候だったが、選手たちはスタンドからの温かい声援を受け、会場は熱気に包まれました。

 

 

42.195km混成の部に出場した紫陽花RCは、第一走者の桑選手(31)の確実な走りで波に乗ると、第二走者の徳さん選手(34)は8分台前半の好タイムで流選手(32)に繋ぎます。チームNO.1の練習量を誇る和馬選手(31)は、膝の調子が心配されたがストイックな走りで踏ん張りました。

 

 

  

桑選手の弟、ノリ選手(25)は評判どおりの走りを見せチーム第2位のタイムを記録すると、今年3月に関シティマラソンで4位入賞を果たした恵美選手(34)も、予想以上の走りを見せてくれました。

リーダー的存在のコジ選手(31)は一回目の走りで体調を崩すハプニング。代走を勧められるが強行して根性の走り!そしてコジ選手の親友、大介選手(31)は落ち着いたフォームで軽やかにタスキを繋ぐ。

 

 

 

紫陽花RC

記録:3時間7分54秒

種目順位:34位/151チーム

部門順位:13位/ 48チーム

 

10選手全員が予想以上の走りで、48チーム中 13位。皆さんすごく頑張りました。そして会場で一際目立っていた紫陽花RCの応援団は、10選手を大声援で励まし、奮闘させてくれましたネ。本当にお疲れさまでした。

 

フレッシュコンビ、708(ナオヤ)選手(25)、タカ選手(25)の活躍は、終始目立っていました。

タカ選手はチームで唯一7分台を記録し、大会後のお疲れさん会では表彰される。708選手も長身を生かした走りで、デビュー戦を好タイムで飾りました。

 

  (2007.09.20)

 −戻 る−

 

Counter