刑務官用語集

【あ行】
あ行は、なし。




【か行】
○外医治療(がいいちりょう)
疾病又は負傷の程度により、施設内で適当な治療ができない場合、施設外の医師による
により行う治療のこと、通院の形で実施する、費用は国が負担する。

○戒具(かいぐ)
被収容者の身体を拘束するために用いられる特定の製式による器具(手錠・捕縄)のこと。
戒具の使用は、逃走・暴行・自殺の恐れがある場合、施設外に連行する場合に限られる。

○戒護(かいご)
施設の安全及び秩序を維持するため、被収容者に対し、警戒し、監視し、指導し、命令し
更に、安全、秩序が侵害され、又は侵害される恐れがある場合には、侵害を阻止し、侵害
を排除し、原状に回復させるため、直接に強制力を行使すること。

○戒護区域(かいごくいき) (==保安区域)


○外塀(がいへい)
被収容者の逃走や不審者の進入等を防止するため、施設の保安区域境界に設けられる
高さ約4.5mのコンクリート製の塀のこと。

○開放的処遇(かいほうてきしょぐう)
被収容者の処遇に当たり、拘禁を確保するための物的人的予防措置(塀・錠・監視等)を
緩和し、外部との交通を一定度緩和した処遇形態のこと。

○開放的施設(かいほうてきしせつ)
拘禁を確保するために必要とされる施設又は人的予防措置を設けず、又は講じない施設
のこと。

○仮釈放(かりしゃくほう) (==仮出獄)
被収容者を刑期の満了前に、一定条件を付して釈放し、社会において更正を図ること。
改悛の状があると認められる場合に、有期刑については、その刑期の3分の1を、無期刑
については10年を経過した後に、所長の申請に基づき、地方更生保護委員会が審査を
行い決定する。

○管区機動警備隊(かんくきどうけいびたい)
施設の警備対策の一環として、各矯正管区に置かれる組織のこと。逃走、暴動、災害等の
非常事態の発生した施設に出動、その施設の警備応援その他の警備活動及び災害復旧
その他の救援等に従事することを任務とする。

○願箋(がんせん)
被収容者が、各種の願い出をする際に、その内容を記載して職員に提出する書面のこと。
簡単な願い出でについては、口頭で処理することもあるが、重要な内容のものや処理に
時間のかかるものについては、願箋で受け付けることとしている。

○管理棟(かんりとう)
保安区域内で、処遇本部事務室が設置されている庁舎のこと。

○基準額(きじゅんがく)
作業賞与金の計算のため基準となる、就業時間1時間あたりの金額のこと。

○給養(きゅうよう)
被収容者に衣食その他生活に必要な物を給貸与すること。

○休養(きゅうよう)
疾病にかかり又は負傷した被収容者に就業を免じ、その疾病(負傷)の程度に応じて病室
等に収容し治療を受けさせること。

○教化(きょうか)
被収容者の自主性を尊重しつつ、その人格形成を促進する作用のこと。

○教科教育(きょうかきょういく)
義務教育未修了の被収容者に対し、本人の希望に応じて義務教育課程の教科等を指導
すること。

○行刑施設(ぎょうけいしせつ)
刑務所、少年院及び拘置所の総称。

○矯正管区(きょうせいかんく)
矯正施設の運営の管理に関する事務を分掌する、法務省の地方支分部局のこと。

○矯正護身術(きょうせいごしんじゅつ)
職員が職務の執行にあたり、実力行使を行う必要がある場合において、相手を傷つける
ことなく制する手段として用いる護身術のこと。

○矯正施設(きょうせいしせつ)
刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院、少年鑑別所及び婦人補導院の総称。

○居室(きょしつ)
被収容者が起居する部屋のこと。

○刑期計算(けいきけいさん)
自由刑の始期及び終期を算出すること、裁判確定の日を起算日として、刑の終了日、仮
釈放応答日を算出する。

○刑執行開始時の指導(けいしっこうかいしのしどう)
新たに入所した被収容者に対して、所内生活に関するオリエンテーションや、必要な行動
訓練等の指導を行うこと。

○軽屏禁(けいへいきん)
居室内に謹慎させ、犯した規律違反行為に対する反省を促すことを目的にした、懲罰の
こと。

○刑務作業(けいむさぎょう)
行刑施設において、被収容者に行わせる作業のこと、被収容者にあっては、社会に復帰
した後に、善良な市民として適応できるよう、作業を通じて勤労精神を涵養し、かつ、職業
についての知識や技能を向上させることが目的。

○携有物(けいゆうぶつ)
被収容者が、入所の際、所持・携帯している金品のこと。

○検閲(けんえつ)
被収容者が発授する信書や、閲読する文書、図画などの内容をあらかじめ調べること。
検閲の結果、施設の規律秩序の維持に支障を及ぼす恐れがあると認められるもの及び
被収容者の教化の妨げとなるものは、その全部又は一部につき、発授又は閲読が不許
可となる。

○更衣所(室)(こういしつ(しつ) (==検身場)
被収容者が刑務作業のため居室と工場を往復するため更衣する際、危険物等の持出し
や持込みがないかなどの確認を行う部屋のこと。

○構外作業(こうがいさぎょう)
構外で実施する刑務作業のこと、構外作業には、施設から一般の事業所や構外農場に
通う「通役作業」と、開放的な作業場を設置して泊り込みで作業を行う「泊り込み作業」が
ある。

○考査(こうさ)
被収容者の鑑別、分類及び作業の指定等に関する業務のこと。




【さ行】
○在監証明書(ざいかんしょうめいしょ)
行刑施設への収容の事実を証明する書面のこと。自動車運転免許の更新、児童扶養手
当ての申請、生活保護の申請、国民健康保険の保険料減免などの申請を行う場合にお
いて、法令の規定により身体の自由を拘束されていたことを証明する必要があるときに
個別の申請に応じて、行刑施設の長の裁量により行われている。

○菜代指定額(さいだいしていがく)
被収容者に給与する1日1人当りの副食の額のこと。

○作業賞与金(さぎょうしょうよきん)
刑務作業に就業した被収容者に対して、行状、作業の成績をしん酌して支給される金銭
のこと、労働の対価としての金銭ではなく、国家が恩恵的に支給する賞与であって、被収
容者に対しては、勤労意欲の促進を図り、かつ釈放後の更生資金に充てさせようとする
ものである。

○作業等級(さぎょうとうきゅう)
被収容者について、その技能、就業期間及び作業成績を勘案して、1等工から9等工及び
見習い工のいずれかに格付けするもの、作業賞与金の計算の基準となる、新たに就業す
る者及び他の職種から転業した者の等級は、原則として「見習い工」となる。

○差し入れ(さしいれ)
外部の人が被収容者に金品を送付すること、郵送、持参等により送付される。

○参観(さんかん)
外部の者に、施設の内部を見せること。学術研究その他正当の理由で参観を願い出た
場合、一定の条件の下に所長が許可できる。
なお、願い出に応じて許可する参観とは別に、広報を目的として、施設が希望者を募集
して実施する「広報を目的とする施設見学」がある。

○事件送致(じけんそうち)
事件の捜査を行った司法警察員から検察官に事件を送ること。行刑施設内で、犯罪が
発生した場合には、一定の限度で、司法警察職員の権限を付与された刑務官が捜査
を行う(「特別司法警察職員制度」

○自己契約作業(じこけいやくさぎょう)
被収容者が民間事業者等との請負契約により行う製品の製作その他の作業のこと。

○自己用途物品(じこようとぶっぴん)
被収容者が施設内で使用が認められる、作業賞与金で購入した私有の物品のこと。

○施設警備隊(しせつけいびたい)
行刑施設の秩序維持を図るため専門的な組織として設置されたもの。巡回警備、門衛等
の施設全般にわたる警備業務のほか、職員の訓練、事件送致等の職務を行う。

○実力行使(じつりょくこうし)
直接的な強制力を行使すること。刑務官は、戒護権の行使により、施設の安全及び秩序
が侵害され、又は侵害される恐れがある場合、侵害を阻止し、侵害を排除し、原状に回復
させるため、直接に強制力を行使することがある。

○自費治療(じひちりょう)
被収容者の費用で、外部の医師による治療を願い出たとき、情状により許可することが
できる制度。

○自弁物品(しべんぶっぴん)
官給品の対語。被収容者の入所時に携有した物品、領置金により購入した物品、自己
用途物品、及び差し入れにより入手した物品で、施設内での使用が認められたもの。

○自弁購入(じべんこうにゅう)
被収容者が、領置金又は作業賞与金で、文具や日用品など施設内での使用が認められ
ている物品を購入すること。

○釈放前指導(しゃくほうまえしどう)
仮釈放が見込まれる者や、刑期満了による釈放日が近付いた者に対して、社会に復帰し
更生するための準備や生活設計について、指導を行うこと。

○集団室(しゅうだんしつ)
複数の被収容者を収容する居室のこと。

○宗教教誨(しゅうきょうきょうかい)
被収容者の希望により、篤志の宗教家(教誨師)による説話、宗教行事、教典の読唱を
などを行うこと。

○収容分類級(しゅうようぶんるいきゅう)
被収容者を収容すべき施設又は、施設内の区画を区別する基準となる分類級のこと。 
A級(犯罪傾向が進んでいない者)、B級(犯罪傾向が進んでいる者)、W級(女子)、F級(日本
人と異なる処遇を必要とする外国人)、J級(少年==未成年)、Y級(26歳未満)、M級(精神障
害者)、P級(身体疾患又は身体障害を有する者)、L級(執行刑期が8年以上の者)、O級(開
放的処遇)、I級(禁錮)がある。

○巡閲(じゅんえつ)
法務大臣が任命した職員が施設に赴き、被収容者の処遇及び事務の執行を検査、その
適否を調査する他、被収容者の情願を受け、法令等に則り一般的指示を与え、事務指導
する制度。

○遵守事項(じゅんしゅじこう)
被収容者が刑事施設内で生活するに当たり遵守すべき事項として、刑事施設の所長が
定めたもの。









トップへ
戻る