会津市民オーケストラ・プロフィール

 会津市民オーケストラは、昭和23年秋に「会津交響楽団」として福島県会津若松市で活動を開始し(昭和36年から「会津市民オーケストラ」と改称)、今年で創団70年を迎えるアマチュアの団体です。福島県内では最も古く歴史のあるオーケストラであり、会津地方では唯一のアマチュアオーケストラです。
 団員は高校生から会社員、主婦まで幅広い職業、年齢層で構成されており、毎週土曜日の夜に會津風雅堂リハーサル室、会津若松市南公民館、会津若松市北公民館などで練習を行っています。
 主な活動として、年1回の定期演奏会のほかに、ミニコンサートやクリスマスコンサート、老人ホームでの慰問演奏会や学校での音楽教室など、幅広い音楽活動を行っています。
 平成15年には、地域に根ざした数々の活動が認められ、平成15年度財団法人福島県文化振興基金顕彰団体として表彰されました。

今年度の活動(予定)

会津『第九』演奏会2018は無事終了致しました。
沢山のお客様にお越しいただきありがとうございました。
厚く御礼申し上げます


【共催事業】『第九』アジア初演100周年記念公演 
会津『第九』演奏会2018

      ■日 時: 2018年9月24日(月・祝) 13:30開演 (12:30開場)
      ■会 場: 會津風雅堂
      ■指 揮: 渡部 勝彦
      ■主 催: 会津第九の会
      ■管弦楽:会津市民オーケストラ
      ■ソプラノ:大倉 由紀枝 ■アルト:星 由佳子
      ■テノール:星 洋二  ■バリトン:千葉 裕一
      ■合唱:会津「第九」演奏会合唱団、全日本「第九を歌う会」連合会