5.塗ってみる。(め・かみのけ)

ではいよいよ塗りに入りたいと思います。その前に下準備を↓

赤丸で囲った部分読めないですが、領域検出元に指定と書いてあります。

線画レイヤを選択した状態(薄青くなっていればOK)でここを押すと、

色がエメラルドグリーンになります。これで準備は完了です。

さて、ここからは塗っていくわけですが、今回は塗りつぶし機能は使わず、

筆で塗っていきたいと思います。塗りつぶしのやり方を見たい方は、

こちらの小兎姫を塗る、をクリックしてみて下さい。

ではこちらは筆で塗っていきます!でもまずは下準備(その2)。

まず眼のレイヤ−を作成します。レイヤーが線画レイヤーの上にできますが

赤矢印の方向にドラックし、一番下に持ってきます。ここでひとつ。下書き

レイヤーは必要なのか?これは分かれるんですが、自分は訂正する時の基準

用にとっておきます。必要ない人は捨てたらいいと思います。各個人で判断

して下さい。

話がそれましたが続きです。青矢印の魔法のステッキの様なものをくりっくし

絵の眼の部分をぽちっと押します。すると青色になり、選択された状態に

なります。これ以降も選択する時は同じ方法です。たまにぽちっとクリック

したら画面が真っ青になってしまうことがあります。そんな時は選択しようと

した部分にスキマがあります。この選択領域は完全に囲まれている状態で

有効なので、その時は線画レイヤーにもどって線を繋げましょう。

赤色で囲った部分は選択領域の表示です。ふたつ上の図ではチェック

が入っていますがこのチェックを外すと白色にもどります。しかし選択

領域はちゃんと維持されています。

では今度こそ塗ります!鉛筆などが入ってる囲いの中に筆はあります。

その下にブラシ濃度というのがあります。1にすると薄く、100にすると

濃くなります。筆では重ね塗りしたときの濃度の差を再現したいので15

以内に収めます。筆の太さも選べます。これは場合によりけりなので、

ここでは省きます。

さて図ではもう塗ってしまっていますが、基本的に眼の上から下へさっと

流す感じで塗ります。濃くなってしまった場合は、画面上のフィルタ直下

にあるくるっとした左回りの矢印をクリックすることでひとつ前の工程に

戻れます。塗れたら次です!その前に選択領域を解除することをお忘れ

なく!自分もよく忘れてます。覚えていますか?選択領域の表示のふたつ

左の消しゴムマークを押すんでしたよね。以降これの繰り返しです。

図の設定は見ないで下さい。でたらめです。

新規レイヤー”眼2”を作ります。そして眼の中央部分を鉛筆で丸く塗り

ます。色はさっきより濃い紫色で。色は保存しておくとあとあと便利です。

筆の上にあるスポイドをクリックし、保存したい色の部分をクリックすれば

色が取得できます。そして、上の紫色とクリーム色がならんでいるところ、

(パレットと言うらしいです)の何も無いところを右クリック→色登録で、

色が保存できます。これは調整の難しい肌色なんか作った時に次回以降

重宝するのでこまめに保存してみましょう!

 

!ここで問題が起きました!!

これは自分のデスクトップです。これが何を意味するかお分かりでしょうか?

事は一瞬で起きました。塗りつぶそうと思って「Alt+F4」を押しましたんです

出てきた画面に焦っていたので反射的に「いいえ」を選択・・・すると・・・

全て消えました。もうこのときは本当にショックで目の前真っ暗でした。

みなさまも停電やパソコンがいきなりダウンしたりする可能性が十分に

ありえますのでこまめに.sai形式で保存しておきましょう!!

ちなみに正しい塗りつぶしのショートカットキーは「Alt+Delete」です。

そのごなんですが、なんと偶然持っていたジャストホームの写真編集機能で

この講座用に保存した画面ピクチャーの図を切り取り、saiを開いて、

貼り付けをやったら見事に復活しました!!なんの繋がりかはわかりませんが

本当に感動しました!!ナイスジャストホーム!

それでは続きです♪

 

続いて髪を塗ります。塗り方としてはこんな感じです、

まず全体を薄く塗り、それから陰になりそうなところを中心に

色を重ねていきます。このふわっと感が塗りつぶしにはない、いい

ところなんです。そして髪を塗り終わったぱちゅリー↓

うしろの髪は別レイヤーで濃い紫色で塗り、差をつけました。

なお、これを含めこれ以降線画レイヤーの上に色レイヤーが

のってますが基本的に線画レイヤは常に上にします。

筆塗りもいいものでしょ?それでは続くをクリック!

→続く