マハトマ ガンジー偉言



ここでは、インド独立の父 非暴力・愛と平和の
「マハトマ ガンジー」の放った言葉をご紹介します
マハトマ ガンジーに関しては、当サイトのトップページに
オフィシャルサイトと辞典をリンクしていますので、ご覧下さいませ

また映画化されたものとしては「ガンジー」という作品がDVDでもビデオでも出ておりますので
是非、ご覧いただきたいと思います

それでは 何度も読み返して、感じていただけたらと思います









土を耕すのを忘れるということは、自分自身を忘れることだ


愛あるとこに生があり憎しみは破壊に通じる


満足は努力の中にあって結果にあるものではない


臆病者は決して道徳的にはなれない


率直な意志の相違は進歩を示す健全な兆候だ


非暴力は人間に与えられた最大の武器であり、人間が発明した最強の武器よりも強い力を持つ


非暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、
暴力者の意志に対して全霊をなげうつことである


力は肉体的能力から来るものではない、それは不屈の意志から湧き出るものだ


限りない犠牲に耐えることで国家は反映することができる


非協力運動は無意識のうちに 悪に加担してきたことに対する抗議だ


人間は生きるために食べるべきであって味覚を楽しむために食べてはならない


愛はこの世でもっとも効果的な力だ にもかかわらずこっとも謙虚である


尊厳を保つためには金は必ずしも必要ではない

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ
       悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ
    逆境があるからこそ 私は走れるのだ
        涙があるからこそ 私は前に進めるのだ

弱い者ほど相手を許すことができない。
  許すということは、強さの証だ。


善きことは、カタツムリの速度で動く。


世界に変革を求めるなら、自分自身を変えることだ


あなたの夢は何か   あなたの目的とするものは何か、
    それさえしっかり持っているならば、
    必ずや道は開かれるだろう。


我々の信念は、常に燃え続ける灯火でなければならない。
       それは我らに光明を与えるだけでなく、周囲をも照らすのだ


人間性への信頼を失ってはならない。
     人間性とは大海のようなものである。
                ほんの少し汚れても、海全体が汚れることはない。


良心の問題に関しては、多数決の法則は適用されない。


もし、ただ一人の人間が最高の愛を成就するならば、
         それは数百万の人々との憎しみを打ち消すに十分である。


明日死ぬと思って生きなさい。
               永遠に生きると思って学びなさい。

握り拳と握手はできない


自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。
しかし、行動したというそのことが重要なのである。


怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である。
幸せになるためには何かをしていなくてはならない


行動の最中には静寂を、そして休息においては活気を学ばなくてはならない


心の中に暴力性があるのなら、暴力的になった方がよい
 無気力を隠そうと非暴力を口実にするよりは


力によって得られた勝利は敗北に等しい。一瞬でしかないのだから


幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である


私は人格をすべて表現するために自由を望む。


間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、自由は持つに値しない。


見るためだけの目は、世界にたいして盲目となる


あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
世界によって 自分が変えられないようにするためである