戯曲紹介
小説だの、漫画の原作だの、映画脚本だの、とにかくモノを書きつづけてきた鶴守主氏。
ここでは青春貴族などで上演してきた戯曲作品の一部をお見せします。戯曲編集ソフトでもない限り、かなり読みにくくはありますが、興味があったら覗いてみてくださいな。
興味・上演希望などで全文が欲しい方はアートライブ事務局までメール下さい。
※タイトルをクリックすると冒頭部分が読めるよ。


タイトル
初演時期
キャスト数
上演時間
解説・コメント
とお 約束 やくそく 2003年7月 男性6:女性7
100分
とにかく、分かりづらいラブファンタジー。
ストーリー展開ではなく、シーンを見せるのに
適した作品。
歌や殺陣があり、本来ならミュージカルにでも
したい。
Pf.ピアノフォルテ 2004年3月 男性7:女性4
90分
優しさと強さを奏でるラブストーリー。
若いアーティストにスポットを当て、愛とアート
(業)のモチーフについて考える作品。
是非ともピアノの生演奏をさせてみたい。
天使てんし 悪魔あくま
フレンチキッス
2004年8月 男性5:女性3
120分
未熟な若者たちを描いた青春群像劇。
現代人の浅はかさ、脆さを描き、それでも世
の中棄てたもんじゃないなんて考えさせられる
作品。
等身大の演技が映える。


その他の作品を含めた
事典や、連載中のweb小説をこちらで公開しております。