栄町社交街

モノレール安里駅近く、栄町市場に隣接する夜の街、社交街です。通称栄町と呼ばれていますが、住所としての栄町という地名はありません。通称「栄町」です。


栄町社交街はきちんと区画割されています。


始めに、北側の一方通行の道を進んでみます。


道路はボンエルフ形式というのでしょうか、きれいに歩道と街路樹が整備されています。


道路整備で地域の個性が薄れてしまっているのではという懸念はありましたが、まだまだ昔からの建物群が個性を発揮していました。


サロン、旅館、スナック・・・
この旅館というのも、一般的な旅館とは違う様です。


栄町市場から出ると、そのまま飲み屋街が始まっています。


その先にある昔からありそうな「旅館」。


横の路地にもスナックやサロンが並びます。


「栄町ロータリー」と呼ばれる交差点です。元々はロータリー形式だったと聞いた事もありますが、定かではありません。


角の建物に書かれている「栄町音頭」

首里と那覇の真ん中の 
戦後に出来たる新開地
姫百合聖地のその跡に 
街の名称(なまえ)も栄町
街の名称も栄町

真和志の野中で発展の
衛生設備の市場街
安くて豊富な品揃え
沖縄のばす栄町
沖縄のばす栄町

近代設備を整えて
料亭酒場は賑やかで
サービス満点お待ちする
付時(いつ)でもめんそれ栄町
付時でもめんそれ栄町

凡(あら)ゆる階級の皆(ひと)揃(する)て
揃(する)いも揃たる文化街
大黒様をいただいて
永久(とわ)に栄える栄町
永久に栄える栄町


栄町ロータリーを過ぎ、暫く飲食店が続きますが、大道小学校のグラウンドに突き当たり、この道は終わります。


折半営業は廃止されているそうですのでご注意下さい。


今度は南側の道に入ってみます。
南側は、モノレール安里駅前交差点より入ります。国道330号通称ひめゆり通りと県道46号線との変則交差点となります。


沿道はスナックビルをはじめ、夜のお店が並んでいます。


24時間営業の「栄町りうぼう」です。


栄町の治安を守る「安里交番」。


飲食店が続きます。


栄町市場へ続く路地です。


今宵はどちらへ?


栄町ロータリーに向かう筋です。昼は静かですが、夜は酔客でにぎわっている事でしょう。


戦後の新旧の建物が入り混じっています。


細い路地にもお店があります。


昔からの木造建築が、周囲の高い建物にも負けずに、堂々と存在を主張しています。


レトロな感じの広告付き街灯です。


この地域は、路地も含めて、殆どが飲食店の建物です。


これらの飲食店街も、社団法人沖縄県婦人連合会会館で終わります。
沖縄女子師範学校、沖縄県立第一高等女学校の跡は戦後、市場、飲食店と、女性が活躍する場を提供し続けています。ここに婦人連合会の会館があるのがとってもしっくりときている様です。


この先は、左に那覇市立大道小学校、右に那覇市立真和志中学校の並ぶ文教地区になります。







沖縄 On the Road