県道85号沖縄環状線

★県道85号沖縄環状線

起点:沖縄市美里(池武当交差点)
終点:沖縄市美里(池武当東交差点)

総延長:17,897m
実延長:12,527m

愛称・通称
池武当交差点−山内交差点:やまなか通り(愛称)
コザ運動公園前交点−山内交差点、もしくは池武当交差点−山内交差点:国体道路(通称)
泡瀬交差点−前原交差点:アワセベイストリート(愛称)


復帰前の状況
沖縄市池武当−沖縄市中央:琉球政府道27号線
ライカム交差点−北中城村島袋県道22号交点:軍道22号線 Awase road
他の区間は不明

県道85号沖縄環状線のページは、次の通り分かれています。
1)池武当交差点(起点)−県道22号交点:当ページ
2)比屋根−池武当東交差点(終点)


池武当交差点〜山内交差点:やまなか通り


県道74号沖縄嘉手納線との交点である、池武当(いけんとう)交差点より、県道85号沖縄環状線は始まります。この交差点の上には沖縄自動車道が走っています。県道85号沖縄環状線は、沖縄市山里付近まで、高速道路と一緒に整備されたのか、両者ほぼ一緒に走っています。
ここから山内交差点までは、「やまなか通り」という愛称が付けられています。名称の由来は、沖縄復帰に尽力され、また、初代沖縄開発庁長官となられた自民党の山中貞則元代議士の名前からきているそうです。また、国道58号からコザ運動公園までの道の延長として、国体道路と呼んでいる人もいます。


すぐ近くの池武当東(いけんとうひがし)交差点です。県道85号沖縄環状線は、沖縄市の周囲を回って、最終的にこの交差点で終わります。


池武当周辺は、集合住宅が目立ちます。


県道85号沖縄環状線は、ライカム交差点から北中城村島袋県道22号交点までの区間以外は全線4車線です。
コザ運動公園までの区間は、沖縄自動車道が平行して走ります。また、その向こうには、嘉手納基地の建物が見えています。


沿道に沖縄市民会館があります。隣には八重島公園があります。沖縄市民の憩いの場となっている様です。


コリンザというビルです。ベスト電器Newコザ店や沖縄市民小劇場あしびなーなどがあります。


この先で、県道20号線をアンダーパスします。
このアンダーパスの下か、この先のコザ運動公園近くの交差点のどちらかが県道23号沖縄北谷線の起点となっており、山内交差点まで重複路線ですが、こちらの方が優先路線ですので、県道85号線は出てきません。またここから県道23号沖縄北谷線を経て国道58号まで、国体道路、国体記念道路と呼ばれています


沿道は中古車店や飲食店などが並んでいます。


コザ運動公園前の交差点です。この交差点を右折すると沖縄自動車道沖縄南インターに、左折するとグランド通りを経て、国道330号に抜けます。


こちら、コザ運動公園です。沖縄が本土復帰をした翌年の1973年に開かれた沖縄復帰特別国体「若夏国体」の主会場の内の一つとなりました。現在では、沖縄全島エイサー祭りやオリオンビアフェスト、ピースフルラブロックフェスティバルの会場や、広島カープのキャンプ地として使われています。


コザ運動公園サッカー場の建物です。水タンクがサッカーボール。


平行して走っていた沖縄自動車道がしばらく別れます。


嘉手納基地のフェンスが見えてきたら、山内交差点です。県道85号沖縄環状線は、ここで左折します。直進すると、「国体道路」の県道23号沖縄北谷線を経て、国道58号に向かいます。やまなか通りはここで終了します。


山内交差点−ライカム交差点


ここから暫くは直線メインの道路です。


一旦別れた沖縄自動車道を挟んで走ります。


この交差点で、県道24号線「球陽ストリート」と交差します。沖縄自動車道はここから地下に潜り、那覇を目指します。


米軍ライカムハウジングエリアの中を通ります。


暫く進むとライカム交差点に出て、国道330号と交差します。


ライカム交差点−北中城村島袋県道22号交点


ライカム交差点から数百メートル間は、米軍アワセゴルフ場の間を通ります。


短い距離ですが、私はこの背の高い街路樹と、ゴルフ場の緑の見える、この道の雰囲気がとっても好きなのです。


米軍アワセゴルフ場は、近い将来返還される予定です。返還後は、大きなショッピングセンターができるそうです。


アワセゴルフ場を過ぎると、周囲は住宅です。


飲食店などのお店が増えてくると、


県道22号線との交点となり、県道85号沖縄環状線は、一旦終わります。
なおここから、沖縄市比屋根までの未開通区間は、現在建設中です。



県道85号沖縄環状線(比屋根−池武当東交差点(終点))



home