県道14号線

★県道14号線

起点:名護市源河
終点:東村有銘

総延長:8,460m
実延長:8,460m


復帰前の状況
琉球政府道14号線


名護市源河〜東村有銘


名護市源河、国道58号線交差点より、県道14号線は始まります。


暫くは、源河の集落内を走ります。


田原橋で源河川を渡ります。


原河川から先は、建物が少なくなってきます。


県道14号線はヤンバルの山の中を横断します。ほぼ上り坂です。


しばらく山の中を走ると・・


名護林業組合と名護堆肥センターの看板があります。ここから中に入ると、名護林業組合があり、ヤンバルの木材を入手する事ができる様です。


その看板を越えると、「恥うすい之碑」があります。

野山越る道や
幾里隔みても
闇にただひとり
忍で行ちゅん

ここは、現在の名護市源河の男と、東村有銘の女との、悲しい恋物語が伝えられている「恥じうすい坂(びら)」付近の様で、その物語の歌が碑に記されている様です。

名護市の芸能と民話◆恥うすい坂(びら)


愛する二人が毎晩通い合った山道は、そのまま現在の県道14号線です。


ほどなく東村に入ります。


ここには、花ぱーくという休息施設があります。


東村に入ると、県道14号線は下り坂に変わります。


オーシッタイという集落への入口です。オーシッタイ工芸村とも言われます。


県道14号線は、引き続き山の中を走ります。


下り坂が終わり、建物が見えてきたら、東村有銘です。

★有銘ふるさとネットビューロー
http://arumenet.hp.infoseek.co.jp/


くんぢ橋で有銘川を渡ります。
欄干に人形がとりつけてあります。


暫く進むと、国道331号線と合流し、県道14号線は終わります。





home