バリ・ロンボク・スラウェシ島の旅
(2003/06/10〜27)
相田 達雄・万里子


はじめに
この6月(2003年)、私たち夫婦はLSC(ロングステイクラブ)旅行企画部の「バリ島お誘い旅行」に参加し、前半9日間はこの旅の参加者16名と一緒に行動、後半9日間はみなさんと別れて、スラウェシ島のタナトラジャを4泊5日旅し、バリ島に戻り、3日ほど延泊の後、帰国しました。
出かける前は、SARSのことが少し心配でしたが、成田もデンパサールの空港もマスクをしている姿は見られず、ひと安心しました。
10年ぶり2度目のバリ島でしたが、こんどの旅は、パックツアーとは違い、自由度の高い充実した旅に感じられました。

ちなみに、今回の参加者は、夫婦5組(菅谷・吉武・栗原・三浦・相田) 単身組女性3名(梅津・大谷・山田) 男性3名(岡田・井森・亀山)(敬称略) でした。

ここでは、夫婦で出かけたタナトラジャ4泊5日のツアーを中心に紹介します。

                                                     

バリ島 ブサキ寺院 ロンボク島ホテルの庭から スラウェシ島 トンコナン トラジャ 崖の墓


旅のスケジュール

6/10 tue  Narita 11:00 →Denpasar 17:10  GA881    HOTEL ALIT KUTA
6/11 wed                               HOTEL ALIT KUTA
6/12 thu  Denpasar 9:30 →Lombok 10:00  Melbachi       Lombok
6/13 fri                                    Lombok
6/14 sat                                     Lombok
6/15 sun  Lombok17:30→Danpasar18:00          HOTEL ALIT KUTA
6/16 mon                                HOTEL ALIT KUTA
6/17 tue  Ubud PuraBesakih                 Lake Batur
6/18 wed  Kintamani PuraTanahLot              HOTEL ALIT KUTA
6/19 thu  Denpasar →Makassar → Toraja         TanahToraja
         9:00 10:10 GA636
6/20 fri                                 TanahToraja
6/21 sat                                 TanahToraja
6/22 sun                                TanahToraja
6/23 mon  Toraja →Makassar →Denpasar         HOTEL ALIT KUTA
              16:50 18:00 GA637
6/24 tue                               HOTEL ALIT KUTA
6/25 wed                               HOTEL ALIT KUTA
6/26 thu   Denpasar 22:00 leave  GA880
6/27 fri       Narita 9:00 arrival


スラウェシ島 タナトラジャ

トラジャ
スラウェシ島はバリ島の北東に位置するインドネシアで4番目におおきな島で、トラジャは中部山岳地帯にあり、トラジャコーヒーの里として知られています。また、そこは伝統的な生活様式が色濃く残るところとして知られています。特に船形の屋根を持つ家屋、独特の葬式儀礼に私夫婦は興味が惹かれました。
デンパサールからマカッサルまでは飛行機で1時間10分、チャーターしたタクシーに乗り換えマカッサル〜タナトラジャ間は、途中の休憩もいれて8時間かかります。



海岸線の河口付近 アウトリガーをつけた小船
パレパレの町 ここから高度を上げていく 二重の虹のアーチで歓迎
トラジャへ行く途中の山岳風景 同左


ここから先タナトラジャ県 同上
トンコナンの集落 県境ゲートの拡大
↑のどかな田園風景


費用
現地の旅行会社と出発前に何度かmailのやりとりをし、バリに着いた夜、ホテルでその旅行社(KEMANG TUOR 社)と契約条件の最終確認を行いました。
デンパサール〜マカッサル間の航空券 マカッサル〜タナトラジャ間の移動および観光ガイド4星ホテルtw 3食付き 4泊5日 2名分 合計 850USドル。
5日間のガイド ドライバー 車


トンコナン・ハウス
タナ・トラジャ地方は標高約1000mの高原にあり、米作を主とした農村地帯です。屋根に船を載せたような形のトンコナンと呼ばれる伝統的家屋が多く見られます。大昔にインドシナ海方面からスラウェシ島に移動してきて、長い時間をかけ高地のトラジャに住み着いたといことです。その記憶をとどめるため、船の形をした屋根を北に向けた家屋がいまも使われ、更新されています。
水牛と人手に頼る農業中心の大家族制が維持されているので、住居と米倉が対になって数棟が集合したのどかな風景があちらこちらに見られます。

トンコナンの住居 トンコナンの米倉
トンコナンんの民家 民家
盛大に飾られた水牛の角
竹で葺いた屋根 拡大 屋根ぶきの竹の素材




お墓
この地方には、民俗学的にもめずらしい独特の形式の墓所があります。
そのいくつかを見て歩きました。岸壁の地上数メートルの高さに穴をうがち、棺を納めその側に故人の身代わりの人形(タウタウという 等身大の半分ぐらいの大きさ)が里人を眺め見守るように置かれている墓所や、鍾乳洞の壁に梁を出し、その上にお棺を置いた墓所や、タウタウの代わりに死者を悼む高さ数メートルの石柱のシンボルを立てた墓所、乳幼児(生後6ヶ月まで)が亡くなった場合は白い樹液のでる巨木の幹に穴を開け、そこに葬ると穴は自然にふさがる樹木の墓所、直径5メートルほどの大きな石にいくつもの横穴をうがち木棺をおさめた墓岩など興味深く見学しました。

身代わり人形(タウタウ) 同左 接近撮影
←タウタウに見守られての稲刈り
洞窟の墓 木船のお棺 洞窟の入り口
石柱のモニュメント 同左
直径5〜6mのおお岩にいくつもの墓穴 同左 後ろから。上の小屋は石ノミの鍛冶場。
乳児の生きた樹の墓 同左
↑現代の墓1 ↑現代の墓2


葬式儀礼
圧巻は葬式儀礼です。葬祭は農閑期の6〜10月にが多いといいます。近くの村で葬式があるというのでガイドさんに案内をお願いし、供物として砂糖2kgを用意し、葬式に参加させてもらいました。
自宅の空き地のいたるところに竹で組んだ仮小屋が建ち並び、その中で大勢の客が飲み食いしています。3日間おこなわれ、当日はその中日に当たっていました。いけにえの豚が何頭も持ち込まれ、次々にさばいて参加者に振舞われます。
死者は75歳の女性で、棺の置かれたすぐ側で、そのお孫さんだという女性がわれわれの応対をしてくれました。最終日にはいけにえの水牛が振舞われるとのこと。供物の水牛の頭数でその家の地位の高さがわかるようです。葬儀の後、トンコナンハウスの入口の柱にそのときの水牛の角が飾られます。

親類縁者、少しでもかかわりのある村中のひとが集まってきているようです。準備もたいへんですが、多額の費用がかかりそうです。葬式を出すまでに3ヶ月から一年を要し、その間、遺体は家族とともに家の中に安置されているとのこと。

トラジャ地方の宗教は17世紀以降のオランダ統治の影響を受け、75%はキリスト教徒、しかし葬式儀礼は宗派に関係なく伝統的習慣を受け継いでいるようです。
葬儀の祭壇 お棺とお孫さんの応対
供物の豚の搬入 供物を持ち込んだ一族のひとたち

別の家で葬儀用仮小屋の設置。竹を自在に使用してつくる。
働く人への振る舞い酒 竹をさく



トラジャコーヒーのこと
先に、この地方は米作中心の農業と述べましたが、起伏のあるところは竹や樹木が植えられ住居もあります。カカオ、ヤシ、パパイア、パイナップル、バナナなどにまじって赤い実をつけたコーヒーの樹もよく見かけます。トラジャコーヒーは、17世紀この地を支配していたオランダ人によって経営栽培されてました。第二次大戦中からコーヒー農場は放置され、まぼろしのコーヒーとなっていたようです。1970年代に日本の「キーコーヒー」社が現地人の協力を得てトアルコトラジャとして復活させました。エチオピア原産のアラビカ種で、コクのあるまろやかな酸味はくせがなくわたくしは愛飲しています。生産量のほとんどは日本に輸出されるようですが、バリ島のデパートでトラジャアラビカを見つけました。値段は100g7900バーツ(約120円)です。真空パックではありませんが安いですね。

おわりに

新聞・テレビ・パソコン抜きで、毎日のんびりした旅を楽しんできました。
物価が安く SARSの心配も無く、海がきれいで インドネシアが すっかり気に入りました。

スラウェシ島の報告はここまでです。
 バリ島とロンボクは別の機会に報告します。

                                   目次に戻る