ISLAM   〜ムスリムとして知っておくべきこと〜

『イスラームに関する質問 』

ムハンマド・ジャワド・シューリ


注:ウィルソン・H・グウェルティン(W)
     イマーム・シューリ(C)

  【質問2.イスラームの定義】


W: どのような議論においても主題の定義が重要です。
イスラームに関して話しを進める上で、まず、アラビア語の「イスラーム」という言葉の
意味の定義をお聞きしたい。いくつもの定義を耳にしたことがあるので、貴方にもお尋ねします。

「ムスリム」という語もアラビア語なので定義が必要です。
非アラブ人読者が語の意味を理解せずに「イスラーム」と混合して読み進めるかもしれ
ませんので。



C: 「イスラーム」には、見解を受け入れる、或いは、受け入れていなかった状態を受け入れる、という元来の意味があります。 聖クルアーンの原語には、神の命令に従う用意ができていてそれに従う、という意味があります。
「ムスリム」の語源はイスラームで、神の命令に従う準備があり従う人のことです。

「イブラーヒームはユダヤ教徒でもキリスト教徒でもなかった。しかしかれは純正な
ムスリムであり、多神教徒の仲間ではなかったのである。(3:67)」

しかし、預言者ムハンマドの宣教が始まってからは、この二語には特定の意味が含まれます。 ムハンマドに啓示が下された教えを「イスラーム」と呼び、彼が伝えた教えを
信じることの宣言もまた「イスラーム」なのです。

「ムスリム」は、ムハンマドの伝えた教えに従い、その教えの真実を信じる人、という意味があります。


W: イスラームの元来の意味とムハンマド出現後の特定の意味にはどういった関係があるのでしょうか?


C: ムハンマド出現後の意味は元来の意味と大変密接な関係にあります。
というのは、ムハンマドは彼の宣教する教えには、以前の全預言者の伝えた神の命令が含まれていることを宣言しているからです。
ムハンマドの真実性を信じ、彼の伝えた教えを信じると宣言した人が実際に宣言して
いるのは、無条件に神の命令に従う準備があるということなのです。


W:例えば、キリスト教を信仰しようとする人には決められた手順があります。
洗礼は聖礼の一つで、大多数のキリスト教宗派は、改宗者がキリスト教徒になるために従わねばならないものとしています。イスラームを信仰しようとする人がやらなければならない手順はあるのでしょうか。



C:イスラームを信仰しようとする人に定められた聖礼や手順はありません。
必要なのは信仰宣言のみです。
「全能主の他に神はなく、ムハンマドは神の使徒であることを証言する」という
宣言をします。


W:イスラームの信仰ではその宣言だけで十分なのはなぜですか?


C:ムハンマドの真実性を信じることの宣言は、実際、ムハンマドが紹介した教えを
すべて信じます、ということなのです。これにはクルアーンのすべての教えと、信仰と
その実践におけるムハンマドの言行すべてが含まれます。

信仰宣言の内容を信じていれば自動的にムスリムになります。
信仰宣言は、自分はイスラームを信じているということを他のムスリムに証明したことになります。この宣言をした人がムスリムであることを拒否できるムスリムはいません。
この人はイスラームの信者なのですから。それ以上は必要ないのです。


W:改宗者は生まれながらのムスリムと同等としてみなされますか?


C:聖クルアーンによると、改宗者はどのムスリムとも同等です。
もっというならば、改宗者は、二つの理由により、生まれながらのムスリムより利点が
あります。

1.生まれながらのムスリムに比べて改宗者はさらに神の報酬を受けるに値すると
     いえる。改宗者は丹念な調査の後でムスリムになり、また、信仰を変えるのは
     容易な行為ではないため、精神的危機を体験した後でムスリムになるのが普通だ。
     生まれながらのムスリムは教えを受け継ぐ一方、改宗には強い勇気と改宗者自身      の努力を要するものである。

2.改宗者はイスラームに改宗することで過去の罪を免責され、純粋な人間としてみな
     される。過去の罪はすべて帳消しになり、ムスリムになった後で犯した罪に対して
     のみ責任を負う。
     例えば、ある人が日の出以降にムスリムになり、正午前に亡くなったとする。
     その人には、ムスリムの義務の礼拝を実践していなくても天国に入る資格がある。      朝の礼拝をしていなくても、だ。その人が改宗したのは日の出後(朝の礼拝時間の      後)であり、正午の礼拝時間の前に亡くなっているからだ。
 
W:イスラームは「ディーン・アル=タウヒード」とか「ディーン・アル=フィトラ」と呼ばれていますが、アラビア語なので非アラブ人のために言葉の意味を明確にさせましょう。
そして、イスラームがこのように呼ばれる理由も明らかにさせてください。



C:「ディーン・アル=タウヒード」とは、神の唯一性を信じる教えという意味です。
「ディーン・アル=フィトラ」とは、自然の教え、または、人間の性質にそった宗教という
意味です。

イスラームは一神教と呼ばれています。
一神教という教えは、聖クルアーンの中で何度も繰り返され、最も強調されている教えです。イスラームがこの世に紹介されたとき、大多数は偶像崇拝者でした。
明瞭な形ではなくても神の唯一性を教えた宗教は存在していますが、その中には神を擬人化した教えがあります。偶像崇拝を正し、神の唯一性の概念を不明慮にしているものを取り除くこと。これが新たな神の教えの最大重要事項です。

イスラームが「自然の教え」と呼ばれているのは、人間の心が不合理な考えや迷信から離れたときに、その教えが人間の心にすっと入ってくるものだからです。

預言者はこう言いました。
「人間はだれもが純粋無垢の自然な状態で生まれるが、親の影響で非ムスリムになる」

不合理な考えから離れたとき、宇宙には唯一の創造主がいるという結論に容易に達することができるでしょう。40億年を超える宇宙が、年数無限の創造主により創造されたと教えた信仰を受け入れるのは簡単です。しかし、宇宙が創造されてから40億年後に誕生した人間が創造主だというのを受け入れるのは容易いことではありません。

全宇宙の創造主は、絶対的公正であり、慈悲深い、と教える信仰を受け入れるのは自然です。公正かつ慈悲深い創造主は、各人に他者の犯した罪の荷を負わせにはならないし、他者の罪のために人間に償いを求めたりはしない。

人間の心が不合理な教えにさらされていない限り、イスラームの教えは人間の心に入りやすいものです。イスラームが「自然の教え」と呼ばれる所以がそこにあります。




blue-a5.gif(1025 byte) 質問3.イスラームはなぜ人気なのか       



イスラーム ムスリムとして知っておくべきこと

項目































































































Copyright (C) 2005 イスラーム〜ムスリムとして知っておくべきこと〜, All rights reserved.
Powered by HTML Templates k2-s.com