前頁 「 光 [光璘院]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[晃]

フレームなし

工事中

晃親王 あきら
 
 山階宮(一) やましなのみや
 
もと C保親王 きよやす
濟範親王
濟範
もと 勸修寺長吏
 
【幼稱】
 「
靜宮」 しづのみや
 「志津宮」 しづのみや
 
【出自】
 邦家親王[伏見宮]の一男。
 はじめ貞敬親王[伏見殿(一九)]の九男と公示されたが、明治二十二年一月九日、邦家親王[伏見宮]一男に復される。
「志津宮」(のちの晃親王)の出生を文化十三年九月に七箇月繰下げ、「能布宮」の出生を文化十三年五(イ六)月に二年繰上げたため、「志津宮」が貞敬親王の九男となり、「能布宮」が同八男となる。
 もと光格天皇(太上天皇)の養子。のち孝明天皇の猶子。
 
【生母】
 藤木壽子(のち北大路壽子)
 家女房。
 賀茂縣主辨顕[藤木]の一女。
 
【經歴】
文化十三年(一八一六)九月二日(實は二月二日)生。
「靜宮」
文化十三年(一八一六)九月二十二日、「靜宮」と命名。
「靜宮」[勸修寺門跡]
文化十四年(一八一七)八月三日、勸修寺門跡を相續。二歳。
「志津宮」[勸修寺門跡]
文化十五年(一八一八)四月七日、「志津宮」と改名。三歳。
文政元年(一八一八)五月十三日、仙洞(光格天皇)の養子となる。
文政六年(一八二三)十月二十二日、名字を「C保(キヨヤス)」と賜わる。
C保親王[勸修寺門跡]
文政六年(一八二三)十月二十三日、親王宣下。八歳。
『禁裏執次詰所日記』文政六年十月廿三日戊午
リ。
一、今廿三日辰刻、勸修寺志津宮親王宣下。
  上卿 日野大納言   辨 C閑寺辨   奉行職事 廣橋頭辨
・・・・・
一、志津宮御名C保(幾與也須)
 右四ツ折ニ書付、議奏衆御渡、御附衆ヘ可相達旨ニ付書付相達。
稿本仁孝天皇實録』四三〇〜四三一頁 文政六年十月二十三日、「伏見宮邦家親王ノ王子志津宮ニ親王宣下アリ、名字ヲC保ト賜フ、」
濟範親王[勸修寺門跡]
文政七年(一八二四)四月二十三日、勸修寺に入寺。
文政七年(一八二四)五月二日、得度。法名「濟範」。九歳。
天保八年(一八三七)十一月二十日、二品に敍される。二十二歳。
少外記平田家記録 H206-4
天保九年(一八三八)十月十五日、一身阿闍梨に補される。
少外記平田家記録 H206-5
天保九年(一八三八)十二月二十二日、護持僧となる。
少外記平田家記録 H206-5
天保十二年(一八四一)十月八日、妹(實は叔母)幾佐宮と共に出奔。
少外記平田家記録 K61-85 『平田家日次記』天保十二年十月廿九日
『山階宮三代』上「晃親王」天保十二年十月八日には「初夜、近習二人を召し連れ、無断にて西国へ向け出走せられた」とあるのみ。
天保十二年(一八四一)十月十七日、播州姫路へ密行。
天保十二年(一八四一)十月二十八日、歸洛。
濟範(濟範法師)
天保十三年(一八四二)七月二十二日、不行状の故を以て勅勘を蒙り、光格天皇養子、親王宣下、二品、勸修寺住職等を停められ、伏見宮より除籍(削系傳)、「濟範法師」と稱せられ、東寺に幽閉される。二十七歳。
『外樣言渡』天保十三年七月廿二日
勸修寺宮昨年十月他國ヘ密行、殊實妹幾佐宮同伴無頼之所行候。其上諒闇中、實父重服中、重々不愼不行状候間、雖可被處嚴科、以格別御憐愍、被止親王宣旨・二品位記等、自今戒師海寶僧正生涯之間被預之、於東寺寺中嚴重籠居被仰付候事。
『孝明天皇紀』安政三年正月二十日
少外記平田家記録 K61-85 『平田家日次記』天保十三年七月廿三日
勸修寺宮昨年十月他國
密行、殊實妹幾佐宮同伴、
無等之不行状有之候ニ付
被止親王
宣旨・二品位記等、於東寺
々中篭居被仰付。・・・・・
・・・・・
天保十三年七月廿二日 
勸修寺宮
昨年十月他國密行、
殊實妹幾佐宮同伴、無
類之所行候。其上諒闇中、
實父重服中、重々不愼
不行状候間、雖可被處
嚴科、以格別
御憐愍、被止親王
宣旨・二品位記等、自
今戒師海寶僧正
生涯之間被預之、於
東寺々中嚴重
篭居被
仰付候事。

濟範
被止 光格天皇御養子
候事

別紙二通之赴從議
奏衆被申渡候旨、爲
心得從貫首被示候
間、催諸司中令觸候。
同役史生下司等者
從上首可被相違候

  ・・・・・
 天保十三年七月廿二日 
嘉永五年(一八五二)、夜間の東寺大師堂參詣を許される。
安政三年(一八五五)正月二十日、晝間の東寺大師堂參詣を許される。
『聰長卿記』安政三年正月十五日
『聰長卿記』安政三年正月十九日
『聰長卿記』安政三年正月廿日
安政五年(一八五八)五月二十二日、勸修寺室外に歸住を許される。
『孝明天皇紀』二ノ八六二〜八六三頁
國事多難となるに及び、源朝臣慶喜[徳川(一橋)]らが還俗を奏請した。
濟範
文久四年(一八六四)正月九日、謹愼を解かれ、伏見宮に復系、復飾。
『孝明天皇紀』五ノ五〜一二頁
『野宮定功公武御用記』文久四年正月九日辛亥
一、濟範法師(元勸修寺宮)去天保 【十二】年不如法之議有之、被止光格天皇御養子、被除親王、蟄居被仰出。以來深謹愼。且賢才之聞有之間、還俗被仰付、可預國事之樣、舊臘以來一橋【慶喜】・春嶽・肥後守・伊與守・嶋津三郎等頻申行。叡慮雖不安、難被黙止之間、昨今以評議御決定被仰出。
    (【傍注】元勸修寺)濟範
 多年謹愼、且今度一橋中納言已下段々建言之次第モ有之。誠難被黙止之間、以格別之思召、御咎被勅免、伏見家江復系・還俗被仰出候事。
『議奏言渡』文久四年正月九日
濟範勅免之旨、殿下傳宣。・・・・・
    元勸修寺濟範
 多年謹愼、且今度一橋中納言【慶喜】已下段々建言之次第モ有之、誠難被黙止之間、以格別之思召、御咎被勅免、伏見家江復系・還俗被仰出候事。
・・・・・
『通熈公記』文久四年正月九日、
一、元勸修寺濟範勅免之事。
一、伏見宮復系之事。
一、濟範還俗之事。
濟範[山階宮]
文久四年(一八六四)正月十七日、山階宮の稱號を賜わる。
『野宮定功公武御用記』文久四年正月十七日己未
一、元勸修寺濟範還俗ニ付、稱號被稱「山階」度旨、昨日坊官申來。今日殿下申入。仍伺給之處、如伺被仰出之旨命給。・・・・・
『通熈公記』文久四年正月十七日
一、濟範自今被稱山階宮候事。
『議奏言渡』文久四年正月十七日
一、元勸修寺濟範、自今被稱山階宮候旨、關白殿傳宣。六條殿御奉。
文久四年(一八六四)正月二十三日、名を「晃(あきら)」と賜わる。
『長橋局記』文久四年正月廿三日
晃親王[山階宮]
文久四年(一八六四)正月二十七日、當今(孝明天皇)の猶子となり、親王宣下
『野宮定功公武御用記』文久四年正月廿七日己巳
山階宮、今日(巳刻)親王宣下(消息)也。・・・・・
『孝明天皇紀』巻百七十六 元治元年正月九日辛亥
文久四年(一八六四)正月二十八日、元服。常陸大守・國事御用掛に任じられる。四十七歳。
『議奏言渡』文久四年正月廿八日
山階宮御參、被伺天氣。今日元服任官(常陸太守)宣下。且昨日御猶子親王宣下御冠拜領。
『伏見宮日記』文久四年正月廿八日
一、山階宮、今日御元服也(於閑院殿)。加冠近衛内府殿之由。其外參仕之堂上數員之由也。・・・・・
  常陸大守アキラ親王ト申上候由也。
『公卿補任』文久四年正月十七日(五ノ五五二頁下)に、「同日任官(晃親王。常陸大守)宣下(消息)。」とあるが、これは内定であろう。
慶應二年(一八六六)十月二十七日、二十二卿列參建言に坐し、慶應三年三月二十九日まで國事御用掛を免ぜられ謹愼に處せらる。
二十二卿列參建言は、源朝臣具視[岩倉]の構想に從い、源朝臣重徳[大原]と藤原朝臣經之[中御門]が指導者となり、晃親王[山階宮]と藤原朝臣實愛[正親町三條]が援助した。朝彦親王[賀陽宮]と二條關白藤原朝臣齊敬を追って、朝廷における征夷大將軍源朝臣慶喜[徳川]の影響力を排除することを目的とするが、失敗に終わる。
慶應三年(一八六七)十二月九日、王政復古の大號令に際し、議定に任じられる。二品に敍される。
慶應四年(一八六八)正月十七日、外國事務總督に補せらる。
慶應四年(一八六八)二月二十日、外國事務局督に補せらる。
慶應四年(一八六八)三月二日、治部卿を兼任。
慶應四年(一八六八)閏四月二十一日、官制改正により、議定職、外國事務局督を免ぜられる。
明治三年(一八七〇)十二月十日、太政官布告明治三年第七十號(追録)により、新立親王家は一代皇族と定められる。
『太政官日誌』明治三年第七十號(追録)/十二月十日
明治十四年(一八八一)一月十九日/二月五日、二代皇族に列せられる。
『公文録』明治十四年/太政官、明治十四年一月十九日(『皇室制度史料 皇族一』九八頁。『皇室制度史料 皇族四』二二〇頁
明治十四年一月十九日
二品勲一等嘉彰親王、世襲皇族ニ列セラレ并二品勲一等晃親王二代目皇族ニ被列候件。
    二品勲一等嘉彰親王
 特旨ヲ以テ自今世襲皇族ニ被列候事。
    二品勲一等晃親王
 特旨ヲ以テ二代目皇族ニ被列候事。
  二月五日
明治二十二年(一八八九)一月九日、貞敬親王九男から、實系邦家親王一男に復される。
明治三十一年(一八九八)二月十七日薨。八十三歳。
 
【墓所】
 京都府京都市下京區今熊野町字山ノ内(京都市東山区泉涌寺山内町)
 
【逸事等】
勸修寺慈尊院にて謹愼しつつ、國内情勢・海外事情に對する見識を深め、早くから開國説を持っていたという。
勝海舟『氷川C話』
山階宮は、實に卓識なお方で、世間が攘夷説で騒いでいたころから、既に開國説をもっておられた。當時開國の意味がほんとうにわかっていたのは、宮方では山階宮、公家では堤中納言【ママ】のみであった。
尊王攘夷派の圧力に屈した幕府が期限付き攘夷断行を決した文久三年(一八六三)六月二十九日、濟範は、非常衣體を作らしめて有事に備えさせた。濟範の攘夷策を伺うために鹿兒島藩士高崎佐太郎(正風)等が濟範のもとを訪れた際、濟範は「勸修寺内の離れたる一室に御住居にて、非常に御零落の御有樣で」あり、高崎佐太郎は「實に落涙いたしました」。高崎佐太郎によると、「さて、御話しを承はるに果して攘夷の策といふものを七十ヶ條も書いて居らつしやる、何處其處に關門を置くとか何處を防がねばならないとか云ふやうな譯で、ほぼ西洋の事情にも通じて御座つて色々繪圖など示されましてコツチは吃驚りしました。・・・・・ 何分他の御公家樣とは違つて、武張つた風で床の間には足輕の着さうな破れ鎧を飾つてあつて、厩には痩馬が一匹飼つてあるといふ有樣であつた。夫れから是は何になさると御尋ねしたら、朝廷に事あらば佐野源左衛門をやる積りであるといふやうなことであった」、という(『史談會速記録』第五十五輯所載「男爵高崎正風君國事に盡力せられし事實」)。かくて、濟範の氣概と卓抜した見識を知った松平春嶽(慶永)・島津三郎(久光)・伊達宗城が、近衛關白忠熈を説き、ここに濟範は再び世に出ることとなった。
高崎正風應答談話「男爵高崎正風君國事に盡力せられし事實附十二節」(史談會『史談速記録』第五十五輯、明治卅年五月、十四〜二十九頁)
『山階宮三代』上、一二九〜一三一頁。
佐久間象山は、元治元年(一八六四)七月十一日、晃親王邸に向かう途上、三條木屋町筋において暗殺された。
山階芳麿「私の履歴書」(日本経済新聞社編『私の履歴書 文化人 20』所収)二七〇頁には、晃親王と會ったその歸途に暗殺されたと述べられている。
西洋事情に通じていた。
新訂 海舟座談』「C話のしらべ」明治三十一年二月十六日(一一一〜一一二頁)
西京の宮様がお死になすったかしら。昨日、人が来たとき、高崎【正風】はどうしたと言ったら、何んだか、急いで西京へ行ったと言うから、大方あの山階の宮がおワルイのだろうと思ったよ。モウ、イケナイのかしら。・・・・・ モウ八十の上で、あの方が一番のお年だ。たいそう字を善くお書きなすって、大きな一字を書いたのを貰ってあったが、どうしたかしら。ワシが外国の事を調べて置いた、色々書いたものが、八十巻もあったが、アノ宮様は、開けた方だから、コウいうものを見せたいと、高崎【正風】が言って、お貸し申したら、西京の火事で、皆ンナ焼かれてしまって、実に弱ったよ。コチラで写させるから、宜しいと言って、そのまま取られたものだからネ。・・・・・
濟範の還俗後の處遇をめぐっては、文久三年十二月二十九日の朝議において、伏見宮を相續して親王宣下をする案、親王宣下はするが伏見宮は相續しない案、臣籍に列して四位より逐次昇進させる案、が出た。
『續再夢紀事』文久三年十二月晦日、(『孝明天皇紀』五ノ一二頁)
中根靫負を中川宮に參候せしめらる。・・・・・ 宮に拜謁して御内實を伺ひしに、『近衛は伏見家相續の上親王宣下然るへしと申立。二條は親王宣下は然るへし伏見家相續は然るへからすと申立。正親町三條は伏見家相續親王宣下とも不同意にて四品より逐次昇進然るへしと申立。此方は人臣の位階に敍せられ逐次昇進然るへしと申しヽ事なるか、攝家の人臣敍位を嫌ふは皇族にて人臣に下さるれは大臣に昇進するも妨けなけれは將來自家の規模に關せん事を思ひてなるへし』云々仰られき(樞密備忘)。
慶應二年二月十七日付、千種自觀(有文)が岩倉友山(具視)に宛てた書信に、以下のようにある。即ち、千種自觀は、孝明天皇からの書信の内容を源朝臣有容[六條]から傳えられたが、その大要として、晃親王の還俗という重大事を孝明天皇の不承知もかまわずに、尹宮(朝彦親王)が強行したこと、山階宮を還俗させてはみたものの時局に對する認識がなく、全く役に立たないという不評判であったので、中川宮が實兄を強いて還俗させた、という我侭を指摘しつつも、宮の言葉に從うより他ないことを嘆いている、と(※長文連『皇位への野望』、二九四〜二九五頁)。これは、孝明天皇の精神論的攘夷思想に對して晃親王が反對の立場を固守していたため、このように言われたものであろう。
明治時代に皇族は悉く軍人となったが、晃親王は辭して軍人とならず、文官皇族として通した。
 
【山階宮晃親王の後繼者選定】
慶應元年(一八六五)九月八日、晃親王は、島津久光への書簡において、從子(實は弟)の純仁親王(仁和寺宮。後の小松宮彰仁親王)を還俗させて養子とする希望を傳えた。
明治元年(一八六八)十月九日、晃親王は、從子(實は弟)の六十宮(後のC棲家ヘ)を養子として家名を相續させようとして願書を提出するが、六十宮は既に仏光寺門跡の相續が治定されており、これを取り止める。
明治元年(一八六八)十月十四日、更めて定宮を養子と為さんとし、願書を提出。明治二年(一八六九)二月二十四日、定宮(定麿王)が山階宮の養嗣子となった。
 
【子女】
 □
菊麿王[梨本宮のち山階宮]
 
【養子】
 □
定麿王[山階宮繼嗣](離。のち依仁親王[東伏見宮])
 
【文獻等】
『山階宮三代 上』(山階會(和田軍一)編集。山階會、昭和五十七年(一九八二)二月)
『孝明天皇紀』巻六十五 安政三年正月二十日戊寅(二ノ五三四〜五三六頁)
『孝明天皇紀』巻百七十六 元治元年正月九日辛亥(五ノ五〜一二頁)
『皇室制度史料 皇族三』三九二〜三九三頁
『皇室制度史料 皇族四』二〇〇〜二〇一頁
羽倉敬尚「隠れたる茶道復興の功者山階宮晃(【振假名】アキラ)親王」(『知音』八七、昭和三十八年(一九六三)六月)
羽倉敬尚「公家とお茶と」(『知音』八五、昭和三十八年(一九六三)一月)


 
次頁 「 b [b子]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 く 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2010.02.27.
公開日時: 2008.09.08.


Copyright: Ahmadjan 2008.9 - All rights reserved.