TOP > 活動紹介・会計報告
> 龍潭池(りゅうたんいけ)のアヒルを保護しました。

写真:龍潭池のアヒル 沖縄県那覇市の安里川にアヒルが二羽おり、彼らを別の住み良い環境の場所へ移動させられたら...と思い、首里城にある龍潭池を見に行きました。

ここなら、台風の時も安心だ...と、池にいるアヒルに餌をあげながら思っていたのですが、泳いできたペキンダック(メス)を見て、絶句しました。
足が、異様に腫れているように見える...
他にはバリケンが6・7羽、アイガモ1羽そしてマガモが何羽かいるのですが、皆身が軽く足も腫れなど怪我しているようすはないのですが、この子だけ歩き方も妙なのです。

マガモのオス二羽と共に行動をしていました。立つとなんだかフラフラしています。
写真:シュリ    写真:シュリ
公園を管理している事務所へ電話をし、怪我をしている恐れのあるアヒルがいる事を伝えました。
保護をして、病院へ連れて行きたい事を伝え、保護の許可をいただけました。

一人で保護するのは無理だろうと池へ向かったのですが
約1時間知恵比べをした結果、捕獲できてしまいました。@@;
そのまま、“ながみね動物クリニック”へ連れて診ていただきました。
写真:シュリ(足の裏のタコ) 写真:シュリ(足の裏のタコ) 写真:シュリ(足の裏のタコ)
上の写真でもわかるように、足の裏のタコが大きくなりすぎて、足が浮いています。
両足のタコの切除手術をして、完治するまで保護をする事にしました。
現在、『首里(シュリ)』(この子の名前を勝手に付けさせていただきました^^;)は、入院中です。様子を見て手術をする予定です。

2004.03.28 written by Hatsu

足のタコの切除手術が昨日無事成功しました。写真は今日の様子です。(4/3)
4/10に退院できるそうです。^-^
手術跡 手術跡の水浴び
2004.04.03 Hatsu

手術を終え退院したシュリです。
本日、術後2週間の検診に行きました。
写真の足は糸もあり痛々しいですが、撮影後ほとんど抜糸出来るほど、回復していました。
今は、右足に少し糸を残しテーピング状態です。ALと暮らして1週間、二羽はラブラブにはなりそうにありません。今日は、バケツで水浴びをさせました。来週にはテーピングが取れて、思いっきり水浴びがさせられると思うと、待ち遠しくてたまりません。^-^
手術跡 手術跡の水浴び
2004.04.17 written by Hatsu

2004/4/24 シュリの治療が完了(抜糸が済んだ)しました。
そして本日(4/25)、シュリをリュウタン池にかえしました。
ゲージを開けたとたん、嬉しそうに池に飛び込み、グヮーガ!グヮーガ!と雄たけびあげ(うちにいる時は、ガッガぐらいしか鳴かなかった。。。)、取り巻きのマガモのオス(二羽だったのが三羽に増えてた・・・@@;)に沈められ、受け入れられてました。^^;
離す様子を不審気に見ていた親子連れに「元々ココに居た子で、足が悪くて手術してたんですよ〜(冷汗)」と話すと、子供に「あのアヒルさん、退院したんだって〜よかったね〜」と話してくれてホッとしました。
正直、気持ちが”飼いたい”に揺らいでいた私です。
しかし、「シュリには池が必要だな〜」と獣医さんから言われ、病院からの帰りの車の中で決心しました。
シュリを池にかえすのは”二度捨て”ではない。
シュリが暮らしやすいのは、ウチではなくリュウタン池なんだ、と。
池にかけていって、元気な声を出したシュリを見て安心しました。シュリの我が家は、仲間のいる、この池なのです。

ご協力いただきました皆様、本当に有難うございました。
シュリのように、大きなタコを作ってしまうアヒルが一羽でも減るよう、アヒルの飼い方を呼びかけていけたら、と思います。
手前がALです。
2004.04.25 Hatsu

シュリ、術後の経過

2004/04/30
シュリの元気な姿に会えました。^-^
池にかえしてから、ずっと池脇の用水路の中で抱卵をして出てこなかったシュリに会えました。
マガモのオスがシュリを守ってくれているようにも見えます。^^;
マガモのオスがシュリを守ってくれているようです
2004.4.30 Hatsu