精神エネルギー<T−4>


8.私の修業

 私、岡山へ行きましてしばらくしますと・・・、岡山の少し西の
方に、福山ですから新幹線で二駅目の町です。福山から市会
議員がやってきました。ま、偉そうにお供の人を六〜七人連れ
て来たんです。私に「人間性測ってくれ」いうて来たわけ。私は
その頃は、人間性の測定やっておりました。測るものいや簡単
なものでね、ただこんなものプラーンとぶら下げるだけで人間
性が分かるんですね。こんなもの。これだけで分かるんです。
これだけ。勝手に全部分かる。人間性の全部が分かるんで
す。

 で、こんなものも昭和四十七年の三月二十七日に、大阪大
学の中ぷらぷら歩いてたらこれを作れって。私作った。何する
のか分からない。部屋に帰って入っていくと人間性が分かるこ
とがわかったわけ。ほいで大阪大学の人を全部測って。そうし
ますと、「あー、こういう人間はこんな振れる」という事が分かっ
たわけです。それが分かりますと神の世界から、『四〜五万人
を測定せよ。人間のすべてが分かる』というんです。

 それから毎日二十人、三十人と測っておりました。もう三十人
も測るとフラフラになってしまうんです。それをずーっとやって、
今から何年か前にふっと向こうの世界から、『もう充分だから測
る必要がない』。そいであとから、ずーっと今まで測った人間
を、人員勘定しますと、六万人測っておりました。まあ、こんな
簡単なもので人間の一生がすべて分かるんですね。もちろん
自分のことも全部分かりますね。こういう人間性の測定、私が
これを六万人の方をお金全然貰わずにずーっと測定した。こ
れが私の修業だったんですね。

 人間はねえ、平々凡々では何にも得られない。“修業とは”と
いう神様のことばがありました。『修業とは自分以外の人間に
幸福を与えることである。水かぶったりお経あげんの、あんな
もの何の修業でも何でもない』といわれ、『そんな時間がある
んだったら自分以外の人間に三分でも五分でもいいから幸福
を与えよ』という。

 私はそれを、そんなことはその頃知らなかった。人間性測定
を、それだけやったわけですね。そしたらもうそれで充分だか
ら、そんなことをしない、もっと重要なことをやっていけという命
令で、今はよっぽど重要なこと以外は測定しないんですわね。
だから若いとき、普通の人の何倍かのことを勉強して、そして
あと六万人の人を無料で人間相談、身の上相談をして、そうし
てると向こうの世界からどんどん〃〃いろんなものを教えてく
れる ということになったわけですね。

9.人間は生まれ変わる・・・浜田マキ子氏、猪木夫妻との縁

 それからこの二ページ、二枚目はこれですね。これを簡単に
説明しますと、これは・・・、これもですね・・・、これは人間が一
回きりじゃないということを示すためにこれがあります。皆さん
もご存じのこの、ねえ、一昨々年に、から有名になったこの女
の人で
すね。このかたが自分のうちで、自分の家、古い本がたくさん
あるんで、その古い本の整理をしてた。ページがパッとめくれ
た時に、ちょうど政木のことが書いてあった。さあ、それを読み
だしたら、もう整理なんかほったらかしてそれを読んだ。ほい
で、電話が掛かってきまして、「一度会って欲しい」というて掛
かった。

 ちょうどあくる日、東京へ行く予定があった。東京でお会いし
た。そしたら、会うた瞬間に、「あなたに会うことを二十何年か
前からずーっと待っておったんです」と言う。そういうことで、そ
の時私が発行しておりました、この“精神エネルギー”という本
ですね。 この精神エネルギーの本をですね、マキ子さんにあ
げたわけ。浜田マキ子さん。そうしたらあくる日電話が掛かって
きまして、「七十七ページに私の家のことが書いてある」「足が
震う程びっくりしました」。

 私、実は強情偏屈。昭和十八年にね、総理大臣に文句を言
うて行く。今から三百五十年前も同じことをやっておりまして、
建白書というものを政府に提出して、そして、そのね、あとは松
平のお殿様の家に一生預ける身になったわけですね。そのこ
とが書いてあります。七十七ページに。そして、その松平のお
殿様は、私と仲良くなったために、松平という性は嫌になったと
いうて、藤井姓に変えたと書いてある。浜田マキ子さんの実
家、松平から藤井になった家。「これ私の実家なんです」と言
う。私は三百八十年前マキコさんの家でお世話になってたわ
けですよ。

 そして、そのページ、1ページ次めくると、私ら夫婦の碑があ
るんです。その写真があります。ここでだってですね、この私ら
夫婦の石碑だってそう。私が岡山へ行きまして、そういう不思
議なことが分かりだした。そしたら私のところへ十一番目の息
子が、三百八十年前のですよ、息子がやってきたんです。私
が、「あなたは私の三百八十年前の息子です」と言うた。その
息子が自分のお父さんお母さんの所へそのことを手紙で報せ
たわけですね。そうして報すと・・・、お父さんお母さんが自分の
家の付近をぶらぶら散歩してたらですね、私ら夫婦の石碑の
写真。これなんですけどね。八十九ページ。私ら夫婦の石碑の
写真があるんです。

 この夫婦の石碑の写真の、「このお隣にマキコさんの家ある
んです」と言うてびっくりしたわけ。それから、その、ちょうどこの
写真を送ってきてくれた日にアントニオ猪木がやって来たわけ
ですね。その話をした。そしたら猪木、これを見るなり、「この石
碑のすぐ横に私の家があるんです」と言うて。それもびっくりし
たわけ。だからアントニオ猪木、私の所へ月に一回来ますけ
ど、そういう縁によって来る。

 浜田マキ子さんもそのときですね、「あなた、立候補しなさい」
「今度あなたのご主人は絶対に衆議院ね、もう落ちますからそ
のために・・」「マキコさんが立候補することによってご主人は
かならず通りますよ。だから夫のために立候補しなさい。自分
は通る必要はないんですよ」と。それでマキコさんは立候補し
たという。それは、ご主人は知らんもんやから、こう、ガーッと、
まあ問題があったわけなんですけど。そのとおりで、マキコさ
んは通らなかった。ご主人はそのために通ったわけですね。

 その時に、「マキコさんは・・・、あなたは第一回目は通らんで
いい、そし今度の選挙、第二回目は必ず通る。あなたは新党
作りなさい。そして、その第三回目と、そいでもう後一回の選挙
であなたは第一党になるから、あなたは日本ではじめての女
の総理大臣になることになってるから、そのつもりでやんなさ
い」と言うた。マキコさん、そのつもりでやるために、「自分がず
っと日本におっては日本のことが分からないから、まず アメリ
カへ行って、ほいで日本のことを勉強する」「方々へ行って日
本のことを勉強する」と言うてアメリカへ行きましたね。

 ほいで、ちょうどアメリカへ行って一ヵ年過ぎたときですね。去
年の八月の終わり。「もう一年アメリカに居たい」と言うて電話
が掛かりました。「では、あなたは六ヵ月間アメリカにおりなさ
い。そして六ヵ月後にフランスへ行きなさい。向こうへ行くことに
よってね、あなたと同じ女の、今フランスはね、総理やから、あ
なたが行けば仲良くできますよ」「もしもあの人と仲良くすること
によって、日本のためにとってもいい事が起こるから」と言うて
電話した。マキコさん、でも、フランスに行くにしても、何にもフ
ランスには、全然知り合いも何にもないというから、「あー、困
りましたねー」と言うてた。

 そうしたら、一週間しますと電話が掛かりまして、「フランスか
ら招聘状が来ました。これでフランスへ行けます」。あと一週間
か二週間しますと・・・、今日本へ戻ってきましたので、この月の
二十何日かに向こうへ行くことになっております。ほいで、フラ
ンスで、フランスの今の女の総理大臣と仲良くなって、ほいで
日本へ帰ってきます。ほいでこの人は、これから世界中いろん
な所へ行ってきます。だから、この人は総理になりますと・・・、
今の、現在の日本の政治家というのはもう、なってませんから
ね、これがなりますと、円満なすばらしい日本の政治ができる
と思います。

10.オルガン・ピアノが勝手に弾ける

 それから、その次の第三枚目。これはこういうことでね。私
は、実はこれ、まず最初のあることばね、”為せばなる・・・”と
いう。私これは、子供の時これが大好き。小学校の時これが大
好きだった。ところが岡山へ行きまして、私自身の今から一世
前の名前が分かったわけ。そしたらある人がこれ持ってきてく
れまして、「あなたが三百八十年前の、あれが見つかりました
よ」と言うて、これ持ってきた。

 このことば、私が子供の時から大好きだった。これは自分が
三百八十年前にね、これ、やったことばがあったわけです。こう
いうことからですね、ちょうど一昨年です・・・。私は、先ほど言
いました子供の時、小学校一年・二年から腹式深呼吸やって
おりました。その腹式深呼吸をやってるうちに、ある日、急にで
すね・・・。私の家にはピアノ、オルガンなんにもない、山奥で
す。ところがその私にですね、小学校へ行って勝手に手が動
いて、演奏ができたわけね。

 初めオルガン弾いた、今度はピアノを弾いた。私が今から三
百八十年前に演奏した曲を、ふっと浮かんできたわけ。その曲
を勝手に演奏した。私、ピアノもオルガンも稽古したことない。
勝手に演奏できたわけ。そんなことが小学校三年生の時にあ
ったんです。それを、一昨年ふっと思い出しまして、「そうそう、
私が死んでしまえばこの曲がなくなる」と言って。ほいで、一昨
年ですね、それをですね楽譜に写した。自分で書いたわけで
す。

 そうしますと、ちょうどそこへ、そういうことの専門家の人が入
ってきまして、私の楽譜を見るなりね、「これ、どうしたんです
か」と言うわけですよ。私は音楽関係ない。ところがその曲は、
もうキチーッと正式な、正式に作曲してあったそうです。私はそ
んなん勉強したこともなんにもない。でも、勝手に作曲ができた
わけですね。

 それを・・・。去年の八月二十七日にある音楽家が来て、「こ
れをひとつ、いっぺん演奏会やりましょう」ということになったわ
けですね。そして、その演奏会をやった。私は、まさか自分が
弾くとは思わなかった。それ、専門家がみな、私の曲演奏して
くれるわけです。ところがですね。いよいよその音楽会が始ま
りますと、司会者が私を上へあがった。舞台へあがった。そし
たら、その司会者がですね、「政木先生は、このように音楽も
なんにも知らない、勝手にこんな作曲ができました。ほいで、な
んかお聞きしたらですね、オルガン・ピアノが勝手に弾けるそう
です。ちょっと実験をやって下さい」と言うて。

 実験をやったときに弾いたすばらしい演奏は、私は知らな
い。私がピアノの前に座りますと・・・。普通鍵盤大きい、その鍵
盤が小さくなったことを私が意識している。小さくなってしまっ
た。勝手に演奏始まった。私はなんにも分からない。後、その
日の晩に帰りますと、私の息子が私のピアノの演奏やってる
のを、あれ撮ってくれたわけね。ビデオで。 見ますと、手が頭
の上高くあがってる。そこから弾いてる。すごい演奏。「全員が
泣きました」と言うてました。私が弾いた後も、「あとから弾いた
一流の演奏家のピアノが、あとの音楽が、頼んなくて仕方がな
かった」というように言うてました。

 ほいで、私がピアノを弾いて、演台から降りますと中村和尚
の奥様が来てらして、「そばへ来い」言うたら顔が涙いっぱいだ
ったですね。ほいで、その人に、「今の音楽・・・」、ね、和尚の
奥さんが、「今の音楽はどうしたんですか」言うたら、私は、「何
も知らない。ただピアノの前に座りますとドイツ人の音楽家の
霊が後へやってきたことは知っております。それが勝手に弾い
たんでしょ」と言うてました。「そうよ、あの演奏は日本人の演奏
じゃないですよ」 とおっしゃってましたね。

 そしてその時だったんです。向こうの方から、テーブルから、
「政木先生、来てくださーい!」「観音様が発生しました」という
ことが。私がピアノを弾いておりますと、13番テーブルに観音
様が発生やっとったわけですね。そういうありえない事が、去
年八月二十七日も起こったわけです。この音楽はですね。あと
から、時間があったら、テープレコーダちょっとあり ますから、
お聞かせしますけど。まあ、こういうこと。



前のページへ  このページの先頭へ  次のページへ



TOP  精神エネルギー  新しい未来に  修業とは周りに喜びを

T−1 T−2 T−3 T−4 T−5 U−1 U−2 U−3

U−4 U−5 U−6 U−7 V−1 V−2 W−1

政木ワールド  お話<語録> 精神エネルギー 講演風景 

能力開発の世界  本心開発  能力開発  ブレインワールド 

情報の世界  光の言葉  あごすの世界  まんだら 



トップへ
トップへ
戻る
戻る