正しい スキンケア

洗顔料によるスキンケア方法

今は色々な洗顔料が出ていますね。
自分にあった洗顔料を見つけるのも一苦労といえるかもしれません。
普通肌の人は、好きなものを選べますが、敏感肌やにきび肌といったトラブル肌の人は、肌の刺激にならない=痛くない洗顔料というのが、選ぶ基準なのではないでしょうか。

 

今回はこの、にきび肌の洗顔をとりあげていきたいと思います。
にきびの洗顔で気をつけなくてはいけないのが、にきびを潰さないようにしなくてはいけないということです。
さっぱりしたいからといって、スクラブ入りの洗顔料を選ぶ人もいますが、にきび肌にスクラブ洗顔は、かえってにきびを悪化させてしまいます。にきびが出ている間は控えてください。

 

にきび専用の洗顔料や石鹸も出ています。
これさえ使えばというのではなく、たっぷり泡立てて使うようにしましょう。
泡立てネットやスポンジなどのアイテムもあります。
にきび肌は脂を気にしますが、皮脂を落としすぎは、洗顔後の皮脂分泌を活発にしてしまいますので、洗いすぎにも注意しましょう。洗顔に熱いお湯も皮脂を落としすぎる原因になります。

 

お肌にも、お財布にも優しい米ぬか洗顔もおすすめです。
綿(サラシ)で袋を作って、米ぬかを入れます。(手のひら・石鹸サイズが使いやすいです)
その袋をぬるま湯に入れて、米ぬかのエキスを出します。
白く濁ったお湯が米ぬかエキスたっぷりなので、これで洗顔してください。
肌の新陳代謝の正常化・美白効果、保湿など嬉しい効果があらわれます。
米のとぎ汁を使うというのも、水のリサイクルになりますね。