パック スキンケア

パックによるスキンケアの方法

忙しい日々を過ごす自分へのご褒美。肌が疲れていると感じたとき。
パックを手に取る人もいるのではないでしょうか。

 

パックにも何種類かあります。
シートタイプやコットンを使う、ローション・美容液パックや洗い流すタイプ。
そして、はがすタイプがあります。

 

■ローションパック・美容液パック
保湿に効果のあるパックです。
自分の手持ちの化粧水や美容液を使う方法と、市販で出ている、シートにすでに美容液をしみこませているものを使う方法があります。
手持ちの化粧水を使う場合は、圧縮されたフェイスシートやコットンを使います。
このタイプは自分の顔に合わせて、伸びたりつけなおしたりできますので、お手軽ですね。
放置時間は3分です。それ以上のせていると、水分が蒸発し、乾いたコットンに水分を奪われます。長時間放置はやめましょう。

 

■洗い流すタイプ
肌のくすみをとり、透明感を出してくれます。
目に入らないように気をつけましょう。
放置する時間はパックによって違います。説明書を確認しましょう。
洗い流すときは、ぬるま湯で、顔に残らないようにしっかりと。
肌を刺激しないように、タオルで押し当てるように水気をとってください。
ゴシゴシは厳禁です。

 

■はがすパック
肌にハリを出して、小じわを伸ばしてくれます。
リフトアップ効果が期待できます。
塗って、指定の時間がきたら、上から下に向かってはがしていきます。
肌にパックの残りがついてないかチェックしましょう。髪の生え際や、口元などに残りやすいので、もしあれば、化粧水でやさしくふきとってください。