化粧水 スキンケア

化粧水によるスキンケア方法

習慣になって、何気なく化粧水を使っているなんてことありませんか。それは勿体無いですよ。化粧水はスキンケアでも大切な役割を担っているのですから。

 

化粧水の役割は、洗顔後の顔の突っ張り感をなくしてくれます。
でもそれだけではありません。肌を柔らかくし、後からつける乳液や美容液を浸透させやすくしてくれるのです。肌によいものを内部に送り込んでくれる通り道を作ってくれるというわけですね。

 

化粧水をどうやってつけていますか。手?コットン?
化粧水を出しているメーカーによって、使用方法が違うことがあります。説明書やメーカーで確認をとるようにしましょう。(アルビオンというメーカーでは、乳液の後に化粧水というように、使う順番が違うということがありますので、新しい化粧水を使う場合は必ず確認してください)

 

多くのメーカーでは、コットンでつけることを勧めています。
それは、手につけた場合、体温で化粧水が蒸発してしまい、顔の肌に浸透する量が足りなくなるということがあるからです。手でつける場合は、化粧水を補充するということをしたほうがいいかもしれません。
また、高価だからと少ない量でコットンにつけても、肌にひっかかってしまい、こすることで肌を刺激するのも逆効果になります。

 

コットンにはたっぷり化粧水を含ませましょう。コットンから化粧水がしたたりおちない程度に含ませたら、顔全体にまぶすようにし、それから優しくパッティングしましょう。繰り返すと、手のひらにすいつくような感触がします。そこまですればOKです。