新聞代節約術

 牛丼下がりました。ハンバーガー下がりました。地価下がりました。新聞代下がりません。下がらないのなら下げちゃいましょう。新聞代を1/3以下ににできます。しかも、誰にでも。合法的に。 その上、しつこい勧誘員を撃退する必殺技もお教えします。

4新聞を半年不購読のフリーライター

それが本当ならフツーの人は一生新聞を取らなくても大丈夫

小笠原陽介氏のコラムは「そこまで書いて大丈夫?」というほど過激な内容

 2005年2月4日、フリーライター兼コラムニストの小笠原陽介氏の書いた「新聞はニュースサイトで代替出来るか」というコラムには驚かされました。文章を書くことを仕事にしている人が、新聞をここまで敵に回すようなことを書いて大丈夫かなと、心配になるほど過激な内容です。「やはり新聞も取りつつ、両方を上手に使い分けたい」という当り障りのない終わり方になっていますので、よく読まないとその真意を見落としてしまうかもしれません。「紙面でどれだけ大きく取り上げられているかで、重要なニュースであるかどうかが一目瞭然」「広い面積の中に記事が並べられているため、複数の記事を読むのに要する時間が短くて済む」という新聞のメリットを強調しているように見えますが、どうも真意は他にあるような気がしてなりません。確かに、ニュースサイトでは何回もクリックを繰り返さないと目的の情報にたどりつけないことが多くあります。見出しの文字の大きさ、紙面の位置と占有面積などの工夫で、情報の格付けをしてくれている新聞にどっぷり漬かっている人には、ニュースサイトで必要な情報にたどりつくことは大変なことだと思います。まして、『2ちゃんねる』など真偽入り混じった玉石混交の情報の中から有用なものを拾い出すことは不可能に近いと思われます。小笠原氏の真意は「情報の格付けのされていないインターネットの中から有用な情報を探し出せるだけの知恵を身に付けておかないとこれからは困るよ。」というようなことではないかと勝手に想像しています。
 世の中の全てのことが新聞に書いてあるわけではありません。自分自身の責任で価値判断を下さなければならないことも結構あります。そんなとき、インターネット上から役に立つ情報を探し出せるかどうかが重要になってきます。新聞を主な情報源として考えている人にはキーワードで検索したり、いくつものリンクをクリックして情報を探し出すことは面倒くさいと思うかもしれません。しかし、その程度の訓練を怠ったりしたら、これからの世の中は出し抜かれても仕方がないと思います。すでに新聞等マスメディアが一方的に情報を発信する時代は終わってしまっているのですから。誰にでも一つや二つあることと思います。「インターネットで検索して助かった」という経験が。
 小笠原氏は触れていませんが、新聞を取っていない人は経費節約のためにだけ、そうしているのではありません。紙の新聞からニュースサイトに変えていくことで、紙資源の消費量を幾分でも少なくすることができるという地球環境に対する配慮もあるのです。「情報を読み取ったり、それが重要な情報であるかどうか判断にちょっと手間隙かかるもしれない。そのくらいのことは大事な地球環境の改善に貢献できるなら我慢するよ。」という心意気もあることを忘れないでください。情報をほんの少し探しやすく、そして価値判断しやすくするために、紙資源を無駄にしてもいいのですか? それは各家庭に毎日配達されなければ困るものなのですか?

4購読を間引いて節約!?

読みたい月だけ購読してみれば

1月・7月・8月・12月だけ新聞を購読するなんて、どう?

 再販制度により新聞の値引き販売は認められていないそうです。人口の少ない地域や配達経費のかかる地域が高額の購読料になってしまうといった不平等をなくすためにあるらしいですが…。それを無理やり値引きさせようなどとは申しません。何も新聞がなければ情報が得られないわけではありませんし、『高ければ買わなければいい』のです。他のものでは、このような節約方法を取ることは珍しいことではありません。それと同じ手法を新聞に適用させればいいのです。具体的には、1年を通して新聞を購読するのを止め、必要な月だけ購読するようにします。新聞代は1/2でも1/3にでも節約できるというわけです。1か月が28日の月もあれば、30日、31日の月もあります。当然、配達される新聞の日数が異なっているにもかかわらず月の購読料は同一です。まず、2月の購読を止めてみましょうか。できれば30日しかない月も間引きましょう。1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月だけ購読すれば、新聞の購読料は半額近くに下がります。さらに、3月、5月、10月を間引けば、購読料は1/3にできます。慣れれば新聞がなくても全く困りません。毎朝、ポストへ新聞を取りにいく必要も無くなりました。新聞がポストにたまって留守を知られることもありません。その代わり、LANケーブルが寝床まで来ていたりしますが…。

そこまでしないのなら新聞を変えて景品をもらおう

 割引ができない新聞も、景品提供は認められています。価格の8%までだそうですが…。これが、洗剤やビール券という訳ですな。「おいおい、そんなのもらってねぇよ」という人も大勢いるのではないでしょうか? 「釣った魚には餌はくれない」、そういうことです。銀行引落しや長期契約なんかしている場合ではありません。とる新聞は定期的に変えた方がいいですよ。これらの景品代が購読料に含まれているとも言えるのですから。「2か月無料で配達する」なんて言葉や「1万円の商品券を出す」なんて言葉を聞いたこともあります。ビール券・商品券なら金券ショップで額面の90%程度で買取ってもらえます。これは、実質的な「割引」に他なりません。8%までの景品は合法なのですから、おとなしく同じ新聞を取り続けることは『損』です。ときには購読を休止しましょう。わが家では、ADSLの費用を捻出するために「新聞をやめました。」本当は、これが一番経済的です!? 地球の森林資源(再生紙であろうが、もとは森林資源)を無駄に浪費しないという「環境的な側面」も配慮してみました。

新聞社のホームページから購読申込み

 インターネットからほとんどの新聞の購読申込みができます。ちょっと前までは、購読申込みへのリンクが分かりにくいところにありました。「朝日新聞」「毎日新聞」…、特に「読売新聞」の購読申込みのリンクは半端じゃなかったです。文字も小さいし、ほとんど目立たない位置にひっそりと置かれていました。このサイトの影響ではないでしょうが、今は普通に目につくところに置くようになったみたいですね。
 本社のホームページ上から申込むため、誰とも会話することなく申込むことができます。ホームページからの申込みには、勧誘員・拡張員の攻撃を排除できるという利点もあるのです。また、ホームページ内の定価と実際に購読する場合の価格が異なっていることがあります。する場合と朝刊しか発行していない地域の購読料が微妙に異なっています。同じ朝刊でありながら購読料が違うのはおかしいですよね。申込みの際、備考欄に「ホームページにある価格でなければ購読しない」と書いておいたら、その結果は……、ご想像にお任せしますが、現在、購読していたことを報告させていただきます。(平成14年1月現在。以降、新聞不購読のため未確認。)新聞の購読に関して何か問題があれば、本社に直接メールで問い合わせればいいのです。販売店を通して申込んだのではありませんので、そうすることが筋です。
 ところで、ホームページから新聞購読を申込む場合の注意しなければならないことがあります。まず、最低購読期間(Webの申込みフォーム上での)にばらつきがあります。1か月から申込めるところがあれば、3か月からしか選べないところもあります。また、申込んだ後で販売店からあらためて契約に来るところと来ないところがあります。余談ですが、新聞の「試読」という制度があります。ただ、実際に行っているのは東京新聞だけで、他は特定の地域限定でときおり行われている程度です。
■Internet新聞購読申込み比較表
新   聞   名     朝日新聞 毎日新聞 読売新聞 東京新聞 埼玉新聞 産経新聞 日経新聞
購読料(朝/夕)    3,925円    3,925円   3,925円   3,250円                       4,383円
購読料(朝刊のみ) 3,007円    3,007円   3,007円   2,550円   2,900円   2,950円   3,568円
Web申込み            ○         ○         ○        ○        ○        ○        ○
最低購読期間    指定不可     3か月      1か月      1か月    3か月     3か月     3か月
試読サービス         △         △         △        ○        △        △        △    
※試読の△は地域によりサービスしている地区もあり
※朝刊のみの場合は地域により販売価格が異なっているようです。(再販制度に抵触しないの?)

崩壊済みの再販制度、だが建前は認めていない

 新聞の購読料は再販制度により日本全国どこでも同じ価格になっていることはご存知でしょうか。地域による不平等をなくすためだそうですが。平等なのは購読料の価格だけで、景品や試読は言うに及ばす、場所によっては好きな新聞が選べなかったり、お世辞にも「平等」とはいいがたいてすね。裏は取っていませんが、東京新聞をとっている人に○○新聞を同じ値段にする(これって値引きですよね!!)と言ったとか、言わなかったとか…。いずれにしても新聞だけが情報の伝達手段ではありません。日本全国津々浦々、新聞の戸別配達を実現したとしても、ADSLやFTTHなどのブロードバンドはどうでもいいのでしょうか? デジタルデバイド解消に関しては、新聞の再販制度など何の足しにもなりません。先細りのメディアにお金をかけるより、これから延びていくであろうメディアに投資した方がいいとは思いませんか。  某新聞社のサイトに「セット版地区において朝刊のみの価格は販売店によって異なります。」と明記されていました。へー、認めるんですか。とは言え、販売店によって価格が異なっているのは、何十年も前から誰でも知っていることで、新聞社が認めていない(認めたくない)だけで、もう少し正確には表現すると、「販売店によって」ではなく、「購読する人によって」新聞の購読料が異なってきたのです。
 ところで、平成16年4月から総額表示方式が義務付けられましたが、そんな中にあって「セット版地区において朝刊のみの価格は販売店によって異なります。」なんて有りなの? 総額はおろか税抜き額でさえはっきりしていないではないですか? もちろん価格表示を「する」「しない」は売る方の勝手なので総額表示方式の義務違反ではありません。しかし、買う方にも「買う方の勝手」があります。高いとか安いとかいう問題ではなく、普通は買わないでしょう。買ってみるまでいくらになるかわからない商品なんか(笑)
 セット版地区の朝刊以外は、相変わらず「再販制度」のガード下にあります。しかし、突破口が見えてきた気がします。セット版地区の朝刊価格比較を行えば…。ネット上にその価格を明記してある販売店のサイトもちらほらあるようですので…。セット版地区の朝刊は交渉しだいで値下げの可能性が見えてきた訳で…。
 それにしても朝日、毎日、読売の3紙の購読料が全く同じなのはどういう訳でしょうか? まさか再販制度の趣旨を取り違えてはいないでしょうね。場所によって購読料が違ってはいけないの(すでに朝刊のみの購読料は違っている…)ですが、新聞社によって購読料(定価)が異なってはいけないなんてことは全くありません。そういうのを闇××××というのではないのでしょうか? 平等なのは新聞によって情報を得る私たちではなく、新聞とそれを取巻く人たちの「儲け」ってことですか?

■新聞勧誘甘言集
・2か月無料(Y)
・1万円の商品券(A)
・東京新聞と同じ購読料にする(A)
・洗剤ダンボール1箱+バスタオル+クオカード3,500円+ビール券5,000円(Y)
・お米10kg(A)
※( )内のアルファベットは気分でつけた符号で、特別な意味はありません。

朝刊のみの料金はこんなに違う

 朝刊・夕刊を発行している地区で朝刊のみを購読する場合の価格は販売店によって異なっています。Web上にセット販売地区の朝刊のみの購読料を公開していた販売店の料金を新聞毎に比較してみました。ただし、最新のものではありませんので現在もこのとおりかどうかはわかりません。
■朝日新聞
\3,000 三河朝日会
\3,007 ASANet,ASA学園都市
\3,350 加藤新聞店
\3,465 ASA蒲生
\3,670 ASA祖師谷北部
\3,700 ASA大蔵
\3,721 成田エリアステーション

■毎日新聞
\3,260 加藤新聞店
\3,568 毎日新聞河辺販売所
\3,700 小堺新聞舗

■読売新聞
\3,007 YC前橋駒形,YC前橋二子山
\3,466 YC北本東部&北本南部
\3,517 YC相模原北部,YC入間市中央
\3,568 YC国分寺
\3,650 小堺新聞舗
\3,670 YC久米川
\3,721 YC八王子大和田

■東京新聞
\2,550 加藤新聞店
\2,850 ASA蒲生
\2,870 毎日新聞河辺販売所
\2,980 成田エリアステーション
\3,000 ASA祖師谷北部,ASANet,ASA大蔵

■日本経済新聞
\3,750 ASA学園都市
\3,975 YC国分寺,ASA蒲生
\3,976 YC北本東部&北本南部
\4,050 ASANet
\4,075 小堺新聞舗
\4,077 YC入間市中央,毎日新聞河辺販売所
\4,080 ASA大蔵
\4,180 ASA祖師谷北部
\4,282 成田エリアステーション
 かなりばらつきがあるのですね。中には統合版(朝刊のみしか発行していない地区)よりも安い価格設定をしているところがあります。つまり朝刊・夕刊を発行している地区で朝刊のみの料金は販売店の裁量しだい、再販制度の適用外らしい…です。ということは、「値切ってもかまわない」ということですね。ン万円もの商品券をちらつかせるのも販売店の裁量、領収証との差額をバックマージンするのも、セット販売地区の朝刊については問題ないと解釈していいのでしょうか?

4新聞サイト活用術

新聞紙(シンブンガミ)では記事検索できないぞ

 各新聞社ともWeb上にホームページを持っています。新聞の内容をまるごと掲載していないところがミソですが、息切れしているようすが見え隠れしていますね。
 記事全部を読むことができなくても、インターネット上の情報をうまく活用すれば、困ることなど全くありません。しいてあげるならば「折込み広告」ですね。「折込み広告」のWeb化があまり進んでいないため、地域に密着した価格情報を得るための手段として、「折込み広告」のみが新聞の宅配制度の中で最後の輝きを放っているかのようです。
 ところで、読売新聞の関連サイト「YomyClub」に加入すれば、の過去6か月間の読売新聞の記事の検索が無料でできます。この「YomyClub」への入会は『無料』で読売新聞を購読している必要もありません。新聞紙(シンブンガミ)では、逆立ちしてもできない芸当です。毎日新聞はもっと太っ腹です。過去2年間のニュースがキーワードで検索できます。もちろん無料です。産経新聞・日経新聞のホームページにも記事検索のサービスがあります。朝日新聞社のホームページにもサイト内検索サービスがあります。当然、無料です。繰り返しますが、過去の記事を検索すると言う芸当は、新聞紙(シンブンガミ)では逆立ちしてもできないことなのです。
 新聞を購読することは自由です。その上で各新聞社の記事検索サービスを活用すれば情報収集効果がさらに高まります。というよりは、情報検索サービスだけで用が足りてしまうのではないでしょうか? 各新聞社のホームページには、社会・政治・国際・経済・スポーツ…、分野ごとに区分けされた最新の記事のエッセンスが掲載されています。ホームページの閲覧なら何紙読もうとも購読料は一切かかりません。律儀に新聞を購読し続ける意欲があるなら、新聞社、テレビ局のホームページを片っ端からブックマークし、最新情報を居ながらにして入手する工夫をした方がお得だとは思いませんか。

新聞社のリンク集を作ろう

 新聞社のホームページをブックマークするのもいいですが、一歩進んで「新聞社ホームページリンク集」を作ってみませんか? 多くの新聞で地方版のページを持っていますので、トップページの他に、地方版のページへのリンクも加えておくとさらに使い勝手が向上します。さらに、2ちゃんねる関連の「まちBBS」から地元のスレッドへのリンクしたりするとと、新聞には掲載されないあれやこれやの噂話を知ることができ、新聞紙(シンブンガミ)1紙の数倍の情報を楽しむことができます。しかも「無料」で!!!

新聞リンク集(サンプル)

新聞リンク集サンプル
<a href="http://www.asahi.com/">朝</a>
<small><a href="http://mytown.asahi.com/saitama/">★</a></small>
<a href="http://www.mainichi.co.jp/">毎</a>
<small><a href="ttp://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/saitama/">★</a></small>
<a href="http://www.yomiuri.co.jp/">読</a>
<small><a href="http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/">★</a></small>
<a href="http://www.tokyo-np.co.jp/">東京</a>
<small><a href="http://www.tokyo-np.co.jp/stm/">★</a></small>
<a href="http://www.saitama-np.co.jp/">埼</a>
<a href="http://www.sankei.co.jp/">産経</a>
<small><a href="http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/saitama/">★</a></small>
<a href="http://www.nikkei.co.jp/">日経</a>
<a href="http://www.nikkei.co.jp/rs/top/">流通</a>
<a href="http://www.nikkan.co.jp/">工業</a>
<a href="http://www.japanmetal.com/">産業</a>
<a href="http://www.computernews.com/">BCN</a>
<a href="http://www.kyodo.co.jp/">共同</a>
<a href="http://www.sponichi.co.jp/">スポニチ</a>
<a href="http://www.nikkansports.com/">日スポ</a>
<a href="http://www.zakzak.co.jp/">ZAKZAK</a>
 以上の文字列をコピーしHTMLファイル内に貼り付けるだけで、15紙5地方版(埼玉版)のリンク集を作ることができます。なお、サンプル画像では、チラシ情報(価格情報のあるものを含む)のある店のホームページとテレビ・ラジオのホームページのリンク集を付け加えた例となっています。

リンク集作成のポイント
 以下のリンクを加えると便利だと思います。

・各新聞社のトップページ
・各新聞社の地方版のページ(サンプルでは★印で識別)
・地方新聞のトップページ
・インターネット上で情報を発信している新聞以外のページ
・2ちゃんねるの関心のあるスレッド

 このくらいカバーしておけば、もう新聞を購読する必要はなくなるかもしれませんね。問題は「折込み広告」をどうするかだけです。各店舗が費用のかかる新聞折込み広告をやめ、費用の安価なWeb広告に切り替えてくれる日が早く訪れてほしいものです。
【戻る】