馬鹿の一つ覚えの設定(展開)・ライトノベル編
編集:中崎実
ご無体な。
  • 瀕死の部下に:「死ぬな! 私の命令が聞けないのか!」
    >……無茶言うな。
  • 出撃する男に:「死んではなりません!これは命令です……」(事実上の死刑宣告)
  • 悪役の偉い人:「はーっはっはっは! 笑わせるな!」
    >いやあんたが勝手に……。
  • 悪の親分:「ふ、ふふふふ、ふはははははっ!」
    悪の子分:「は、はは、ははははは……」
    悪の親分:「なにが可笑しいっ!(マジ切れ)」
    >……いやあんたそんな理不尽な。
  • 怒りながら:「殴るぞ!」
    「殴ってから言うなよ・・・・」
辞世
  • これでやっと死ねる (アンデッド)
  • これで眠れる (アンデッド)
  • おれが人間のうちに殺してくれ。
  • 最後は人として死にたい
  • 人として死ねてよかった
  • ごめんなさい……
  • ありがとう
  • 安らかな死に顔であった。(地の文)
禁句
  • 狼男は「犬」と呼ばれると激怒する。
  • 人狼は犬扱いされて落ち込む
  • じゃあ、虎獣人は猫扱いで。
  • 有翼人は鳥と呼ばれると激怒する。
  • ドラゴンはトカゲと呼ばれると激怒する
  • 人間は猿と呼ばれると激怒する
  • お姉さんはおばさんと言われると怒る
    • お姉さんは「おばちゃん」と言われると「違う!お姉ちゃん」と言い直させる。
      だと思うのだが
    • で、別れ際にやっぱり「じゃあね!おばちゃん!」と言われる。
  • お兄さんはおじさんといわれると落ち込む
美学
  • 私を置いて逃げろ!これは上官命令だ!(上官)
     命令なんて糞食らえだ!(部下)
  • 『舞い戻ってきた・・・地獄の底からなッ!!』(死んだはずの人)
  • まだ年若い弟分を思い浮かべ「その時は俺なんか目じゃない勇者がお前を倒しに来るさ!(そうだろう?○○)」
    (ラスボスとの対決で、「無駄だ。お前が命と引き換えにしても封印はもって10年。10年で私は復活する」と宣言された人)
  • 「もう二度と使わないと決めたのだがな・・・。」(かつて武器を捨てた人)

扉に戻る

このコンテンツは、編者および各ネタを提供した名無しさんが著作権を保持しております。
(ジオシティーズには著作権および著作者人格権はありません。)