(ロゴ)旧・(ロゴ)チューリン(ロゴ)百貨店

【 露「И. Я. Чурин и Ко」(I. Ya. Churin i Ko) 英直訳「I Ya Churin & Co」
漢「秋林洋行(公司)」 Qiū lín yáng háng (gōng sī) 】

旧・チューリン百貨店・外観


旧「ボリショイプロスペクト」(現「大直街」)を、旧・サボールのロータリーから東へ歩くと、
ほどなく堂々たるデパートに出る。

こんにちでは4階建てになっているが、当初は2階建てで、後から建て増されたもの。
ドームはオリジナルらしい。
古い写真では、2階建ての建物に比して、ドームが大きく見える。




もとはチューリン(Чурин=Churin)なる
白系ロシア人が経営するデパートだった。

中国語名「秋林」(Qiū lín)とは、
「チューリン」の音訳だろう。

こんにち(2007年12月)も「秋林公司」の名で
デパートとして営業している。





旧・チューリン百貨店・入口から正面上部を見上げる
旧・チューリン百貨店・入口




こんにちも名称はそのままだが、
共産中国による接収・国有化を経ており
往時のオーナー・チューリン一族とは
関係ないようだ。



旧・チューリン百貨店・入口付近の窓のロゴ


旧「ボリショイプロスペクト」の角に面した正面入口付近の窓に描かれていた紋章。
「И. Я. Чурин и Ко」の頭文字「Ч(Ch)」と「К(K)」を組み合わせたものなのだろう。




建物内部の階段。

手すりの優美な曲線の装飾は
オリジナルそのものなのか、
後世のものなのか、分からない。

「秋林」ブランドのウイスキーボンボンは
ハルピン名物のようで、
ハルピンの空港の土産物店でも売っていた。

お菓子も包装もまあまあお洒落なのだが、
箱の蓋に「酒魂」と大書されているのが
いただけない(笑)。

旧・チューリン百貨店・建物内部の階段