トップ > ココロミ > アウトドアでコーヒータイム

アウトドアでコーヒータイム


ブログに載せたこの漫画を実写化してみよう。

それが今回のきっかけでした。





色は白が良い。
準備


今回の課題は、「コーヒー器具を一切使わずにコーヒーを抽出する」というもの。

その制約に従って材料と道具を準備してみた。

まずは1コマ目にある三角巾。
薬箱に保管しているものは薬品の臭いが移っていたので、新しいものを買ってきた。




豆は多めに使う。
焙煎豆は買っておいたものを使った。
今回は30グラムほど使用。




花崗岩
そして、2コマ目の岩2つ。
両方に平らな面があると豆を潰しやすい。




おなじみミルクパン。
鍋と




約400ml使った。
水と




カセットコンロ
火(熱源)。





ざらざらー。
三角巾でコーヒー豆を包む


三角巾を広げ、おおよそ中央に焙煎豆を置く。




折る。
一番長い辺を下にして頂点に向けて二つ折りにする。




さらに折る。
豆がこぼれないように気をつけながら折っていく。




もっと折る。




まだまだー。




いよっしゃー。
こんな感じに折ると、鍋で煮る時に手で支えやすいです。





打つべし打つべし。
叩く。


岩の上に先ほど折ったものを載せ、もうひとつの岩で豆を入れた部分を叩きます。
写真ではテーブルの上でやっていますが、硬い地面の上でやったほうが良いかもです。




ごりごり。
叩くだけでなく、ときどき臼のように磨ってみる。




これはこれは結構な粗挽きで。


三角巾を広げてみる。
豆の状態のも少し残ってましたが、ほぼ全て砕くことができました。





鍋 on コンロ
煮る。


いよいよ抽出。
鍋をコンロに置いて、




だばだば〜。
水を入れまーす。




浸す。
先ほど折った三角巾(豆の比重が高いほう)を水に浸して、




三角巾に燃え移らないように支えてね。
点火!




すこーし茶色に。
粒の粗さから濃厚なものは無理だと判断し、コーヒーの色に少し染まったなと感じた時点で……




消火。
火を消しました。




これはお茶ですか?
消火時にはこんな色のコーヒーも、




いいえ、これはコーヒーです。


5分待てばこのくらいになります。





金属製のカップを用意。
完成。


カップに注いで、




できあがり。
完成です。



あっさりとしたコーヒーに

準備に時間がかかりましたが、やっとここまで辿り着くことができました。今回は非常にあっさりとしたコーヒーになりましたが、豆を挽く工程を丁寧にやれば味の幅は広がるでしょう。水とコーヒー粉(そのまま)を入れて煮沸した後に濾過する方法を採れば、上記のやり方より短い時間で抽出できるかも。