2008年2月 東京ドーム テーブルウエアコンテスト部門で佐々木真紀子が最優秀賞を受賞しました。
これらのコンテストに参加する理由は提案性があり、なおかつ完成度の高いインテリア及び住宅イラストを描くために必要と感じるためです。