ゲーム
これだけはやっとけ


 いきおい企画2発目。
まぁ1回やってみといてよ、つー感じのモノ。
  • デンジャラスシード(1989ごろ.ナムコ)
     自虐的シューティング。
    自機はα機(前方ショット)で、β機(V字ショット)、γ機(V字リングショット+誘導弾)の3種類で、 最初はα機、死ぬとβ、γとなりエクステンドはないがライフ制を採用している。 α機が一番弱く、β、γとなるに従って強くなっていく。 4面クリア後に残った機体が合体し、パワーアップ。連射はセミオート。
     という一見するとなかなか良さそうな設定だが...

     合体しても弱い。4面終了時で合体するわけですが3機合体でないとつらい。 つまり4面終了までノーミス。まぁ、慣れれば2機合体でもなんとかなるけど。
     連射は速い。たぶん20発/秒でしょう。だが、当然ながら敵もそれに対応した 耐久力がある。だけならいいのだが...α機はショットが広がっても1発分 ボスは壊せる弾を大量に降らせてくるので、ショットがボスに当たらない。 途中の敵に引っかかって前方まで弾が行かないのだ。ガンフロンティアを想像してくれ。
     自機はライフ制で回復アイテムも出る。 しかし、このゲーム弾に当たっても直後は無敵にならないため、 連続で弾を食らったりレーザーを食らったりすれば一気に減って即死もできる。
     全面クリアはなかなか難しい。4面ボスが最初の難所でしょう。

     なおメガドライブに同じ名前のゲームが、しかも同じナムコから出ていますが 別のゲームです  (お


  • アサルト(1988ごろ.ナムコ)
     解説不要。子供の頃リモコンタンクで遊んだ人はハマる。 エンディングは大盛り上がり大会で泣けるので、必ず音の聞ける環境ですること。



  •  かならずブラック初音ちゃんまで見ること。


  • To Heart
     エロいシーンでお茶を濁すオリジナル版よりプレステ版をお勧めする。 必ずあかりちゃんを最後までやってよね。浩之ちゃん。 オリジナルではどうでもよかった理織もプレステ版では聞かなければならない。
    あれ?
     お嬢様は魔女の操作説明も1日1回以上聞くこと。
    ハートbyハートで、真のヒロイン琴音も一応見ておきましょう。
     オリジナル版は、全員クリアして滅殺を見ておく必要がある。
    プレステ版にも滅殺があれば(あるか!)何もいうことなかったのに...

     なお毒電波は特にお勧めしないでおく。エロはいらんエロは。



戻る