スコアラーのための
アヤしいハードウェア


 源三によってもたらされたシンクロ連の原理により、2人で結託して作ったゲーマーお助け装置の数々。 実際は横着をするためともいわれる。
一番の問題は、完成して期待通りの動作をしたら終わりで、 実際ゲームに利用していたものは少ない。スーファミの時も高速化して「速くなった〜」「で、なんかやるゲームあんの?」 「別に」
自己満足で終わってる。


過去に作った変な装置
  • シンクロ連射
  • シンクロ交互連射
  • 可変シンクロ連射
などは言うにおよばず、
  • ビデオコンバータ
  • 忍術ボタン
  • 千本パンチボタン
    カゲ、サラ、アキラ用。アキラは動作がちょっとコワイ...
    ジェフリーはタイミングが違う。
  • ジャイアントスイングボタン
さらに、某スコアラー用に
  • 電パボタン(2つのボタンを押す間隔を一定にする)
  • 回転ボタン(連射ボタンだが、どこでボタンを離しても4の倍数回で止まる)
  • 1フレームだけボタン(ちょびっとだけ押したことする:作:源三)
なども作っていました。その中でも最強は

  • トレース装置

    でしょうか。ただし家でないと使用できないです。再生専用ならハーネスに付けるタイプもあります。
    簡単に言えば524288フレーム(約145分)のコマンドボタンで、 現在はストEXplusのガンマ使用コマンド回路として使用中(レバー連なので家用です)。

     他の装置はいろいろなHPで扱っているので省略。


    各所とも作成中のため、回路図などはまだ載せていません。 いや、まだ作図してないのですが...



  • 忍術
     KGの交互連を15Hzで行うだけ。 忍術と呼んでいますが、カゲだけでなく全キャラで可能。
     バーチャ2が全盛の時代、京都はぽえむ会長さんを訪ねた際に、ついでに千本を見ようと ドラゴンに寄ったわけです。そこで手首がくるくる回るサラなど 不思議なおどりをする様子を見かけのたですよ。
     これを見て「KG交互連に違いない」と思いさっそく実行。 当然シンクロ連でやっていたのですが、ぴくりとも動かない。 Kの1フレーム後にキャンセルしているわけだから当然といえば当然。 そこで2フレームごとのKG交互連にしてみたら、これだよ(笑)。 手連でも多少変な動きを見ることはできるが、消えるまでは無理ではないでしょうか。
     ちなみにドラゴンで見た不思議な踊りは、レバー下連射と判明。 これはこれでかなり面白いので、是非見るべし。
    交互連&
    レバー中
    えび反りしながら画面下に向かって消えていく。 消えている間は無敵で(こっちも何もできんけど)、交互連をやめれば普通にプレイできる。 しかし、消えるまでの不思議なおどりの最中が弱点。
     またカゲ、ジェフリー、ウルフなら忍術中にレバー上を一瞬入れる(小ジャンプKする)と 大ジャンプする。消えている時間で高さが決まり、瞬ステージの橋より高いジャンプなどは当然で、 一瞬で衛星軌道まで行ってしまうことも。さすが忍術。
    交互連&
    レバー下
    体が浮き上がるように消えていく。 瞬とパイは立Kキャンセルができないのでこちらの方法しかない。 ななめ下で前進することができる(しゃがみ移動)。
     こちらもカゲ、ジェフリー、ウルフで小ジャンプKができるが、大ジャンプとは少し違い はるか上空から逆ジャンプで戻ってくる。説明し辛いが、高い位置から高速でリング上に戻ってくる感じ。


    戻る