ボークスSSS 1/100 パトラクシェミラージュ



 デザイン画が出た直後の頃のキットで、元画に近くけっこう好きですな。 後のMMは各関節が間延びして酷いことになってた気が。

仮組や下地や塗装
 SSSシリーズは固定キットなので各部のダボ通りに組めば問題ありません。 しかしパーツが一体化してある部分が多く、塗り分けは面倒な部分があります。 胸部〜蛇腹〜腰が1パーツだったり(原型では分かれてるようですが)。
 この頃のボークスはシリコンから切り開く方法で型を作成しているためパーティングラインがガタガタで整形が必要になりますが、 キットではエッジが緩いので直しやすいのではないかと思います。 エッジが緩いのは抜きのため、というよりはこの頃のデザイン画がそうしてあったからですね。
 作り始めた時は適当でいいやと思ってパーティングラインもいいかげんに処置してましたが、 イザ塗っていると気になってしまい二度手間になってしまいました。
 金は昔作った銀+金+クリアオレンジやらなんやら。混ぜて厚塗りしないと色合いが変わる。 配色は旧設定で。

頭部
 頭頂部紋様のスジボリは基本。

腕部
 パーツが少なく一体化しているので、装甲裏などの塗り分けは諦めてます。
 肩のレリーフは適当塗り。下手なだけかもしれんけど、赤一色のほうがカッコイイ気がする。

脚部
 固定ポーズなので面倒なことはなし。 個人的には他の原型師もフリーポーズとかしなくていいのに、と思っている派。





戻る