タミヤ 1/24 ランチアストラトスターボ


1024x512
103k


Marlboroカラー追加
 さらにMarlboroカラーを追加。
 おなじみST27のデカールを使用。付属のデカールに比べてカルトデカールは厚いですけど、クリアコートは楽ですね。 一部に同じくST27のエッチングパーツも使用しています。エッチングパーツをうまく仕上げるのは難しいです。 黒地にデカールはすんげー難しいというか、黒地の場合デカールの端を消すのは無理ですかそうですか。
 Web上だけでは資料が少なく、リアカウルの黒い部分がつや消しのように見えましたが、 今回は他の部分と合わせるためツヤアリにしてみてます。
 デカールはちょっと急いでしまって空気が抜けきってないようです…
 ベルトが無いとか言われましたが、完全に忘れてますな。内装に興味ないです。
 ボンネットは文字デカールがスリットにかかりますが、一度平らに貼って乾いてからナイフで切り込み入れてます。 もちろん前から見て文字が見えるようにして。スリットにスミ入れするか迷うけど、見てわかるようにやってまへん。

-=-=-=-=-

Alitaliaカラー
 スーパーカーブーム世代だし。
 再販かかったので買ってきた。さすがに今のキット比べたらちょっと苦しい所もあるらしいですが、 クルマに詳しくないので細かいことは気にしない、つーかわからない。左右対称でないのは判る。
 ホントは走ってるところが一番カッコイイんだろうけど、コレばっかりは難しい。 マルボロできたら野外撮影にも挑戦してみるです。今も光源は太陽光&レフ板ですがー。

形状
 実車の資料なぞ持ってないので、変更は無し。 モーターライズ用のギアはチラ見えしてジャマなのでとっぱらう。

デカールと塗装
 形状変更してないからやってることはコレだけなんですが、そのデカールで大失敗。 特にボンネットのスリットはデカール軟化材でも無理。 結局、全部はがしてモンザレッドとデイトナグリーンで塗装です。 後のクリアがけのためにも絶対に塗装が良いということを学習。
 マーキングはデカールだけ請求してもう一度貼りなおし。この後マルボロ用にもう一台買ったから、結局余ってしまったよ。
 最後はクリア>コンパウンドを適度に。 前から気になってたけど、なんかこのやり方だとキズは残る(つく)もんらしい。

反省
 コンパウンドの都合上、ボンネットのキャッチピンを削ったから、 後でエッチングパーツを付けてみた。

予想通り『浮いてる』

ディティールアップするんなら全体を同じようにやらないと合わないんよね。
ST27のエッチングパーツも買ってきたので、次回マルボロで再挑戦の予定。




1024x512
95k

1024x512
128k


1024x768
147k

1024x768
142k

1024x768
151k


1024x768
121k

1024x768
125k


1024x768
141k

1024x512
103k

1024x768
170k



戻る