海洋堂 エイトール スクリティ

原型:谷明
98年?月発売:9800円

 キット自体に段差などは少なく(144サイズですから相対的に大きく感じますけどね)、 微細気泡もありませんでした。塗り分けが必要ですが、比較的作りやすいと思います。 スクリティはぜひ1/100のものが出て欲しいです。

腕部
 甲羅のようなアーマーが3パーツぐらいに分かれているのですが、 きちんと仮組みしておいた方が良いです。上腕部はまだいいのですが、下腕部には 腕とアーマーをくっつけるための場所が用意してないようで、 私は真鍮線で固定するようにしました。

脚部
 HJにはうまく立つと書いてありますが、実際にはそのためのダボ(穴)はなく、 仮組して自立するように調整する必要があります。 足首が地面にぴったりくっつかないのが気になったので少し角度を調節しました。 それでもぴったりではないので、余計に変かも。
 でも〜、たとえ自立できたとしても不安定なことには変わりがないので、 ベースに固定します。
 ヒザ部のパーツも説明書にある通りダボを削ってしまって要仮組です。


塗装
 説明書にはオレンジとなっていますが、グンゼカラーでいうと橙黄色のことです。 私はフラットベースを入れてつや消しにして塗ったす。 機関部はグレー一色でなく、パイプの類などにガンメタルも併用してしています。 というか、9巻のカラーやHJの作例を見ても一次装甲と機関部で色が違うようですな。
 小さいから塗り分けはけっこう大変かもー。わたしは橙黄色>一次装甲>機関部の順で塗りましたが、 順番を逆にして下地(一次装甲の色)を活かしてMAX塗りという方法も考えられる。 でも、誰にも初めてということはありますしぉ MHには似合わないとの意見もありますね。 誰かやったのでしょうか。画像が見たいです。 マスキングが面倒なら、オレンジだけエアブラシであとは筆塗りってのでもいいかもしれません。
 塗装はまだまだ修行不足です。



115k

77k

80k
'03/09/27追加分


デジカメ修行中。絞りとか
2,3日中に写真が入れ換わっていたりするかも


上半身のアップ

正面 うしろ


足の裏
(c) TOYSPRESS


戻る