F.S.S.とはどんな内容なの?


  • カンタンな説明
     人々は4つの星に住んでいます。ここには遺伝子操作によって生まれた「騎士」と呼ばれる人がいます。 騎士は銃弾すらかわしてしまうため、戦争には騎士がモーターヘッドと呼ばれるロボットに乗り 決着をつけます。モーターヘッドのため人型生体コンピュータ「ファティマ」が作られました。
     F.S.S.はこの「騎士」と「ファティマ」を中心とした、お話です。




    もうちょっとF.S.S.

  • エルガイムと繋がりがある
     エルガイム見てませんのでよくわかりませんが、エルガイムのムックを見せてもらったところ F.S.S.はポセイダルの話ってことのようですね。Bテンプル=LEDミラージュとなっています。
     エルガイムのムックを見るような人はF.S.S.も読んでいるでしょうから以下略。

  • F.S.S.には年表がある。
     各巻の巻末に1万年(といって話の中心は1000年ぐらい)にもわたる年表が載っている。 これはF.S.S.の世界で起こる出来事が書かれている。 歴史マンガを想像してもらうといいかと思う。
     今でこそ見かけるようになった世代交代も、連載当時は大きな特徴。 その中で主人公であるアマテラスは死にません。神様だからなのです。 他にも死にそうにない人(?)いるけど。

  • 世界
     科学技術が究極まで進化した時代。
     4つの星(ジョーカー星団)にたくさんの国家があり、たくさんの人がいるため争いが起こる。
     いちおうの主人公は神様(の中のひとり)の幼い姿であるアマテラス。 王族として生まれ人間のフリをしている。歴史上に現れて1000年以上経っても、 ジョーカーの科学はあらゆることを可能としているためか、人々は不思議と感じている程度。 まぁ、中には「ありゃ人間じゃねーよ」と思ってる人多数ですが。
     ジョーカー暦3000年前後を中心に話は進むが、なにぶん神様がでてくるので時間は関係なかったり 別の宇宙が出てくるわでややこしい。普通に9巻まで読んでも意味不明の箇所は多数あるでしょう。 設定書のようなものが十数冊ほど出ているので、話を把握しようと思ったらこれらが必要かもしれない。
     実際は、エピソードガイド1冊があればほとんど把握できるでしょうかね。

  • 人物
     この世界において人間は300歳近い寿命を持っている。
    星団のほとんどは普通の人間だが、遺伝子操作によって生まれた騎士およびダイバーと 呼ばれる人がわずかにいる。「騎士」とはとても速く動ける人間で、銃弾すらかわしてしまう。 「ダイバー」とは超能力者のこと。はやい話が兵器のための改造人間なのだ。 いずれも星団暦以前の炎の女皇帝と呼ばれる時代にダイバーの能力によって作られ、あるいは改良され、 現在のジョーカーでは作ることができず、その血だけが残っている。
     かつては管理されていた騎士の血はいくつにも別れてしまい、 星団中に散っていることから普通の人間から生まれることがあるが、 王族などの中には騎士の血統を守っているところもあり、必ず騎士が生まれる家系もあるらしい。 戦いにおいては騎士とモーターヘッドで決着がつくため、騎士たちは国家にとって きわめて重要な存在で、手厚く保護される反面、管理され、必ず戦わなくてはならない宿命も背負っていることになる。
     ダイバーも同じような待遇を受けている。ダイバーは4種類あり、いわゆる物を動かす「ダイバー」、 生物に影響を与える「ルシェミ」、人間(騎士)を操る「ハイブレイン」、 透視や未来を予見したりする「パラサイマル」に分けられる。 騎士はかつてルシェミの力により生まれ、改良され、 ハイブレインによってコントロールされていた。反乱されたら終わりだもんね。
     登場する人数なんて数えたくありません。
     また登場人物のファッションも作者自らデザインしていて、 今の地球にはない変な服装も多数登場する。

  • メカ
     騎士は銃弾すらかわすので、騎士に対して通常の火器は役にたたず、騎士は騎士でないと倒せない。 さらに、その騎士のために作られたのがモータヘッド(MH)とよばれる巨大なロボット。 半永久機関のエネルギー源を持ち、驚異的な運動性能を持っている。
     このモータヘッドがファティマと並んでF.S.Sの魅力の一つとなっている。 他のマンガでは見られないほど細部まで描き込まれたMHは見るものを引き付ける。 さらにそのデザインも他のロボットマンガのように「頭」「手」「胸」など、 各部に分かれた箱をくっつけたようなものでなく、 一昔前のアンドロイドと言えるかのような複雑な曲面を持ったデザインをしている。
     モーターヘッドは乗っている騎士の動きをそのまま伝えて動くように設計されていたが、 それを制御するためのコンピュータが騎士の動きに追いつけず、本来の能力を発揮できなかった。 そこでモーターヘッドのために生体コンピュータ「ファティマ」が作られた。

  • ファティマ
    ファティマは人型の人工生命体。主に女性タイプ。 それ以前にも人工生命体はあったが過酷な労働、管理などはロボットの方が適していたため、 いわゆるダッチワイフ以外の用途は少なく技術だけが残っている状態だった。ファティマは それに生体コンピュータとしての理論と騎士の能力とルシェミのパワーを加えて 完成したと言われている。今のジョーカーにはルシェミの力はほとんど失われているのだ。
     美しい容姿と、運動・頭脳において人よりも優れた能力を持つファティマは、 (人々の妬みにより)人間との差別を図るため、外見(服装)、生殖機能、感情などが制御されている。 なかでも感情制御(マインドコントロール)は強力で、たとえ命の危機にあおうとも 人間に危害を加えてはならない (逆にモーターヘッドに乗った時は殺戮しなくてはならない)などがある。
     そんな彼女たちに希望を持った一人の科学者がすべての制御を外したファティマを2人作り、 彼女たちは時間を超え未来を見てしまうなど超常の力を持ってしまう。 さらに、ファティマとも異なる新たな生命体も1人だけ作った。 マインドコントロールのない彼女たちは、殺戮マシンであるモーターヘッドに乗ることを拒み、 無限の寿命を持って人間の未来を見守っていこうとする。

     モーターヘッドに乗り、お互いに戦い合わなければならない運命にある騎士とファティマたち。 このあたりが、F.S.S.の中心的な部分らしい。
    個人的には、アマテラスの大侵攻はこのファティマに関する理論を ジョーカーから消すためと睨んでいる。

戻る