不動産・建築・施工関連の資格
不動産・建築・施工関連の資格取得情報を紹介します。

【車両系建設機械運転技能者】

パワーショベル、ブルドーザーなど3トン以上の建設用機械を操作する
ために取らなければいけない国家資格です。
建設機械の用途によって、「基礎工事用」、「解体用」、
「整地・運搬・積込み用及び掘削用」の3種類があります。

各地の指定教習機関で技能講習(2〜6日間)を受講し、技術と知識を
習得した後、取得できます。
技能講習はほぼ毎月、各地で開かれており、18歳以上なら
誰でも受験できます。


【ショベルローダ等運転技能者】

各都道府県労働基準局管轄の国家資格です。
ショベルローダ(最大積載量1トン以上)を運転する人は
この資格が必要となります。

この資格の取得には、技能講習を行っている教習所で
講習を受講することになります。
18歳以上の人なら、誰でも受講することができます。


【土木施工管理技士】

大規模工事(道路・橋・トンネルなど)の計画作成や、現場監督
などをするための資格です。
現場を指揮して工期が正確に、期日どおりに進むよう調整します。
土木工事現場は、事故も多いため、安全面の配慮もしなければなりません。
多くの会社・人員が共同で作業する現場では、下請け業者を含めた
円滑な意思疎通ができるよう、効率的に作業を進めるための
管理能力が問われます。



【クレーン運転士】
クレーン運転士とは、クレーンの運転技能を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。
工場や工事現場などで荷物を移動する道具として多く活躍しています。
また、重量のある物をつり上げ、決められた場所に下ろすには危険がともない一定のスキルが必要となります。
技能講習又は特別教育を受けることで運転・操作することが可能となっており、それらの講習等を修了した者を指して言う場合もある。

また、つり上げ過重5トン以上のクレーン運転を行う者は、厚生労働省の各都道府県労働局長の免許が必要となります。
非常に危険な業務を担当することになるため、高度のスキルが要求されます。




《お勧めサイト》
クレジットカード 審査 毛穴ケア オーガニック シャンプー 子宮筋腫




不動産・建築・施工関連の資格