Copyright (C) 2011-2017yumiko imahashi All Rights Reserved

ご高覧頂きありがとうございました。

                            After dish  -皿の後-     

      yumiko tanabe exhibition  2011.4.23-5.8   浄土宗 應典院

 

                                                                                                              

                                                                                                             

 

img1.gif

                       Flicker photos  写真アップ致しました。

                  展覧会文と写真をいろんな方々にアップして頂いております。

小吹隆文 さん アートのこぶ〆  http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1751377.html

PUSH-PULL さん  http://pushpull.exblog.jp/15363843/

にわたずみ さん  http://blog.goo.ne.jp/nifatadumi/e/4b8ea51d9f9c285777c1745c3029d037

artscape              http://artscape.jp/report/review/10002741_1735.html

                      

骨のインスタレーション作品は2週間という会期中だけの形で、再び骨はバラバラにし、回収致しました。この度、魚菜屋なな福様より、ご協力いただいた鯛のアラ汁は天然の明石鯛を使用しており、とてもおいしく完食させて頂きました。 骨のインスタレーションはアラ汁の振舞いにて回収させて頂いた骨や、日々食した後の骨を加工し、今後増殖させていきたいと思っております。 

 

                                                           concept

 魚には骨がある。様々なあたりまえのことがあたりまえすぎて見えなくなっている。魚を骨まで舐り食し、改めて観察してみる。そして骨の洗浄、脱脂、乾燥を経て白く塗り、形のみを浮き上がらせ、無機質なひとかけらへと変化させる。この生臭いもの「生」から無機質「死」なものへ変化させる行為は、生き物であることの確認行為であると同時にセルフメディテーションでもある。そして私たちヒトにも骨がある。可能であれば骨格パーツを磨き並べてみたいものである。骨、一つ一つにも機能があり、存在する意味があり、それぞれに美しい形がある。しかし現代には「骨なし魚」もあるぐらい、日常から骨=「死」を遠ざけていると同時に「生」も見えなくなっている。日常見過ごされていること、骨=「死」からのアプローチで「生」を再確認してみる。

 

 ※4月29日15:00より鯛のアラ汁を振舞います。(先着順、なくなり次第終了)→終了致しました。

   作品のまわりで一つ一つ骨の形を、鑑賞・感謝・・・様々な思いで確認しながら食して頂き、残った骨は

   作家が回収、後日加工し、次回の展覧会空間で又この形式のインスタレーションを行います。

   この作品は一期一会で鑑賞者と関わりながら増殖していく予定となります。

 

        title:「bone constellations」 〜骨の星座〜 (床面インスタレーション)

                  material:fish bone,  white urethane paint   魚の骨(ウレタン塗装)

  

                  title:「a・head」(壁面作品)

                  material: fish bone(head),  white urethane paint  魚の骨(主に頭部)(ウレタン塗装)  

 

                  title:「Even the head of a sardine can be a charm against evil if you believe in it.」  

                                                          〜鰯の頭も信心から〜

                  material:dried small sardines(head) polyester resin 

                  煮干し(カタクチイワシ頭) ポリエステル樹脂

 

                                                     素材となった魚たち

                                 スズキ ハゲ チヌ ツバス マダイ メバル マグロ    

                             協力:浄土宗應典院 魚菜家なな福 ながのひでゆき(078)