ハーブメニュー
花と緑の小さな図鑑
ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除 と 予防対策
ハーブの挿し木・挿し芽
雑 学
注意点
写 真
育て方
水やり・肥料
利用・効能
害虫・病気
スィートバイオレット
【英名】sweet violet
【学名】Viola odorata
2〜3月花をつけます

ニオイスミレの雑学

学名はラテン語violaに由来し、甘い匂いをもつ花とか、匂いのよい花を意味し、種名odorataも香りがよいの意味をもちます。

こぼれ種でも勝手に繁殖しますが、ランナーで増やすことのできる耐寒性のあるハーブです。

スィートバイオレットの葉
スィートバイオレットの葉

育て方

別名:ニオイスミレ(匂菫)/セイヨウスミレ(西洋菫)
花言葉:羞恥心
スミレ科/スミレ属/多年草
開花の時期 2〜4月頃
種まきの時期 9〜10月頃
株分けの適期 3月〜5月・9〜10月頃

水やり・肥料

チッソ分の少ない肥料を与えることで葉ばかりが増えるのを防ぎます。
花後のお礼肥には薄めた液肥や、マグァンプKなどの置き肥などを与えています。

やや湿った土を好みますので、夏は乾燥しないように管理します。

注意点

スミレ属は株の寿命が短いので、株分けして若い苗を確保するといいと思います。

茂りすぎた葉や、余分な茎、花の咲かないつぼみを取り除きましょう。

根には毒があると聞きいたことがありますので根は食用しないのが無難です。

利用・効能

主に花を利用します。
コサージュ、切り花、香水の原料、花の砂糖漬け、フラワー酒、エディブルフラワー、サラダや料理のあしらいに利用できます。

生葉をそのまま使うときは、できるだけ若い葉を摘みます。
葉や、花を使ってハーブティーにすれば、口内炎、呼吸器の疾患、風邪に効くといわれます。
催眠作用がありますので、眠れない夜に飲んでみるのもいいでしょう。

《咳止め》
生葉は5枚で1杯(200ml)が目安
煮詰めなくてもOK
葉のドライ約 5g
水 2〜3カップ(400〜600ml)
1/2 量になるまで煎じて飲む。
バイオレットのお茶
ほのかに甘い生葉を使ったバイオレットティー

害虫と病気

アブラムシの発生に注意が必要です。
私は、諦めて鑑賞用として楽しんでいますので、オルトランを薄めて噴霧して予防と対策をしてます。

ハーブメニュー  花と緑の小さな図鑑  ニオイスミレ  すみれについて


●ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)
【英名】blunt violet
【学名】Viola obtusa
スミレ科/スミレ属/多年草

種名obtusaは、ラテン語でにぶい、刃のないなどの意味。

葉はまるいハート形心臓形で、花びらもまる身をおびていて、中央の白い部分がはっきりしている。花の中央に毛がないスミレで、葉や茎は有毛。

《スミレTOP》
●タチツボスミレ(立坪菫)
【英名】violet
【学名】Viola grypoceras
スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 3〜5月頃

関西では道ばたなどに咲いていることが多いです。
種名は、曲がった+角grypo+cerasの意味。

側弁は無毛、葉はハート形または心臓形で花びらもまるい。

《スミレTOP》
●コスミレ(小菫)
【英名】violet
【学名】Viola japonica
スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 3〜4月頃

葉は卵形やちょっと長目の卵形など生育地域によって違い多様らしい、写真の菫は、葉茎に細かい毛があり花の中央は無毛。
花びらがやや長いのでおそらく写真はコスミレではないかと。
側弁(そくべん)は無毛
コスミレ

スミレの花びらの名称  コスミレの後姿


《スミレTOP》  《花と緑の小さな図鑑》


●スミレ(菫)
【英名】violet
【学名】Viola mandshurica
別名:ヒトハグサ(一葉草)/スモウトリグサ(相撲取草)
スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 4月頃

側弁は有毛で葉は長く葉茎はツルツルでに毛はない。
種名mandshuricaは、満州を意味するらしいです。

スミレの側弁は有毛で葉は長く無毛。写真はスミレ
スミレ

拡大写真
ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除と予防対策
●花と緑の小さな図鑑 50 音 I N D E X●
●アリアケスミレ(有明菫)
【英名】violet
【学名】Viola betonicifolia var. albescens
スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 4〜5月頃

種名betonicifoliaは、ベトニーに似た葉をもつことを意味し、変種名albescensは、ラテン語で白くなる、白っぽいの意味。
ツルっとした無毛の長葉と、側弁に毛があることが見分けるポイント。

《スミレTOP》  《花と緑の小さな図鑑》


●ホソバシロスミレ(細葉白菫)
【英名】violet
【学名】Viola patrinii var. angustifolia
スミレ科/スミレ属/多年草

シロスミレの変種で、葉がピンと立つのが特長。
変種名angustifoliaはラテン語で細い葉を意味する。

《スミレTOP》  《花と緑の小さな図鑑》

●アカネスミレ(茜菫)
【英名】violet
【学名】Viola phalacrocarpa
スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 4〜5月頃

種名phalacrocarpaは、ギリシア語でむき出した果実を意味します。

花の真ん中(側弁)に毛があるスミレで、オカスミレと同じような花と葉の形をしていますが、アカネスミレは、葉と茎に細かい毛があります。
オカスミレは、側弁は有毛で葉茎に毛のない品種。

《スミレTOP》  《花と緑の小さな図鑑》

●オカスミレ(丘菫)
【英名】violet
【学名】Viola phalacrocarpa glaberrima

スミレ科/スミレ属/多年草
開花時期 4〜5月頃

側弁は有毛で葉と茎はつるつる無毛。
オカスミレ

拡大写真
品種名glaberrimaは、無毛を意味する。

アカネスミレと同じようにハッキリとした目をひく紫色の花を咲かせます。
側弁は有毛ですが、葉茎は無毛なのがこのオカスミレで、アカネスミレは全草、葉茎ともに毛があります。


《スミレTOP》  《花と緑の小さな図鑑》