フラックス
ハーブメニュー
My Selfとっぷページ
ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除 と 予防対策
ハーブの挿し木・挿し芽

雑 学
注意点
写 真
育て方
水やり・肥料
利用・効能
害虫・病気

フラックス(亜麻)
【英名】common flax/linseed
【学名】Linum usitatissimum

フラックスの雑学

フラックスは、エジプトハーブとして知られています。
宿根草と1年草の品種があります。
冬の寒さや病害虫に強く、育てやすいといわれます。

フラックスの同属にはベニバナアマ、ペレニアルフラックス
食用には利用せず、花壇の観賞用として親しまれます。

フラックスの茎から繊維をとり、布地や織物に用いられます。
リネンといわれる布の原料の亜麻糸となります。
種からはペンキ、ニス、絵の具の原料となる亜麻仁油がとれます。

亜麻糸あまいと
高級ハンカチーフ用の極細糸から厚地の織物です。
帆布(はんぷ、ほぬの)、テント、靴、漁網用の太い糸まで作られます。

亜麻仁油あまにゆ
種子から得られる乾性油。
塗料・リノリウム・印刷インク・油布・軟石鹸(なんせつけん)などの原料とする。
三省堂提供「大辞林 第二版」調べ

フラックス
フラックス

育て方

別名:リンシード/リナム/アマ(亜麻)/アマニ(亜麻仁)
アマ科/アマ属/1年草
開花の時期 5〜7月頃
実のなる時期 10〜11月頃
種まきの時期 3〜4月頃
秋蒔きも可能ですが、春蒔きがおすすめです。

水やり・肥料
肥料もさほど必要としません。
やや乾燥気味に育てます。

注意点
暑さに弱いので、夏までに苗を大きく丈夫に育てます。
種まきはやや早めに行った方がいいと思います。

利用・効能

観賞用として楽しむ方が無難です。
切り花、ポプリ、クラフトの材料、ハーブバスとして利用。

鉢植えでも地植えでも栽培ができます。
ニンジンやジャガイモと一緒に植えると、良く育つといわれます。

薬効、食用での利用については、推進しません。 参考まで。
種は、パン、ケーキの生地に混ぜ込んで使います。
和え物、ドレッシング、ソースに種を混ぜての利用。
種の効用
体内の毒素を排出する働き、便秘解消、抗がん作用、抗酸化作用などです。

害虫と病気

特に病害虫の被害はありません。

ハーブメニュー
My Selfとっぷページ
《フラックスの品種》
●ベニバナアマ(紅花亜麻)
【英名】red flax/scarlet flax
【学名】 Linum grandiflorum=Linum grandiflorum rubrum
アマ科/アマ属/1年草

紅色の花を咲かせる1年草

●ペレニアルフラックス
【英名】blue flax/perennial flax
【学名】Linum perenne=Linum lewisii
アマ科/アマ属/多年草

フラックスと同じ仲間

ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除 と 予防対策
ハーブの挿し木・挿し芽