ハーブメニュー
My Selfとっぷページ
ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除 と 予防対策
ハーブの挿し木・挿し芽
雑 学
注意点
写 真
育て方
水やり・肥料
利用・効能
害虫・病気
フィーバーヒュー
フィーバーヒュー
【英名】feverfew
【学名】Tanacetum partheniumもしくはPyrethrum parthenium

シュンギク属Chrysanthemum partheniumとされるのは旧学名と思う。

《異名?》 Matricaria partheniumシカギク属=カミツレ属

フィーバーヒューの雑学

婦人病や解熱効果、偏頭痛の薬として知られています。
サプリメントやティーとして販売されています。

ヨーロッパや北アメリカなどでは野生化しています。
日本では、夏に白い花を咲かせるので夏白菊。

タンジー、除虫菊の仲間です。

流通名ではマトリカリアといわれ1年草扱いです。
シカギク属Matricariaには分類されずヨモギギク属Tanacetumやジョチュウギク属Pyrethrumと同属。

以下は園芸種として売られてる品種一例

ゴールデンフィーバーフューgolden feverfew 'Aureum'
黄色い花を咲かせるゴールデンボール 'Golden Ball'
万重咲きで白花のスノーボール 'Snow Ball'
八重咲きで白花のホワイトスター'White Stars'
など。


フィーバーヒュー
6月 フィーバーヒュー

育て方

別名:マトリカリア/ワイルドカモマイル
和名:ナツシロギク(夏白菊)

キク科/ヨモギギク属Tanacetumもしくはジョチュウギク属Pyrethrum/多年草
開花の時期 6〜8月頃
種まきの時期 4月頃か秋
株分けの適期 4〜6月頃

株の更新を兼ねて株分けで増やせます。


水やり・肥料

基本的には乾燥ぎみに育てるといいと思います。
花の咲く時期だけは水切れに注意します。

肥料もさほど必要としません。

注意点

耐寒性のあるハーブですので関西では屋外で越冬します。
暑さに弱いので、真夏の直射日光は避けるのが無難です。

花が終わったら、切り戻すことで、カビ病などの予防と新芽の生長を助けます。
秋に種まきする場合は冬までにしっかりと株を成長させ太らせるのがポイントです。
株が弱らないように、根詰まりする前に植え替えをおこないます。


利用・効能

地植えでも、鉢植えでも育ちます。
コンパニオンプランツとしての栽培が可能です。
アブラムシや害虫のつきやすい植物の隣りに植えるなどします。

収穫した葉や花は、切り花、ポプリで楽しみます。

乾燥させての利用もできます。
ドライにした葉や花をハーブティー、入浴剤。
虫除け効果を生かし、乾燥させた葉や花をタンスの中に入れるなどです。

飲用利用の一例
生理不順、偏頭痛、解熱、めまい、耳鳴り、炎症、リウマチ性関節炎。

外用薬として利用する場合。
生の葉を煎じ、ガーゼなどにしませて直接患部に当てます。
虫さされの外用薬としても利用効果があるようです。


害虫と病気

特に心配はないと思います。

ハーブメニュー
My Selfとっぷページ


ジョチュウギク(除虫菊)
【英名】white flowered pyrethrum
【学名】Pyrethrum cinerariifoliumジョチュウギク属
もしくはTanacetum cinerariifoliumヨモギギク属

キク科/ジョチュウギク属もしくはヨモギギク属/多年草
種まき時期 3〜5月頃
株分け適期 9〜10月頃 秋の株分けがいいようです。
開花時期 4〜6月頃
別名:シロバナムシヨケギク(白花虫除菊)/ピレスラム/ムシヨケギク(虫除菊)

タンジーや、フィーバーフューと同じ仲間です。

殺虫成分があります。
蚊取り線香の原料となる薬用植物。
殺虫成分は、花の中央部に多く含まれます。
特に花粉がいっぱい噴く満開時に、この殺虫成分が最も多くなるといわれます。

蚊除け、昆虫除け、害虫駆除になります。
コンパニオンプランツとして利用するにはピッタリのハーブです。

乾燥させたものを煎じて、自分で殺虫剤を作ることもできます。

食用にするよりは、観賞用として楽しみます。

肥料もそれほど要さず、やや乾燥気味に管理します。
栽培方法や利用方法はフィーバーフューと同じでいいと思います。

●アカバナムシヨケギク(赤花除虫菊)

【英名】painted daisy
【学名】Pyrethrum coccineum
キク科/ジョチュウギク属もしくはヨモギギク属/多年草

赤い花を咲かせるジョチュウギクの仲間。
白花除虫菊よりも殺虫成分は、少ないようです。

ハーブの利用法
ハーブの害虫駆除 と 予防対策
ハーブの挿し木・挿し芽