ハーブINDEX
花と緑の小さな図鑑INDEX
ワイヤープランツ
【英名】creeping wire vine/maidenhair vine/wire plant
【学名】Muehlenbeckia axillaris
匍匐タイプのワイヤープランツ
匍匐タイプのワイヤープランツ
タデ科/Muehlenbeckia属ミューレンベッキア/常緑小低木
別名:ワイヤーバイン/ミューレンベッキア
開花時期 4〜5月頃

花も咲くらしいのですが、私は見たことがないです。

アキシラリス種は、匍匐性のワイヤープランツで、 挿し木や株分けで殖やすことができます。

細い茎(枝かな?)が、ワイヤーに似ていることからワイヤープランツと言う名があり、寄せ植えやハンギング、地植え、プランター、部屋の中などなどオールマイティな栽培を楽しむことができる植物です。

葉が広がるタイプのワイヤープランツなので、伸びすぎたら整形したり、切り戻しや、古い葉を取除いてあげると新芽が出てきます。

暑さ寒さにも強いので、ごくごく普通に水やりをしていれば、神経質にならず育てることができます。

《ワイヤープランツの仲間》
●マットレスバイン
【英名】angel vine/wire vine/mattress vine
【学名】Muehlenbeckia complexa
別名:エンジェルバイン
タデ科/Muehlenbeckia属ミューレンベッキア/常緑小低木

このマットレスバインは、コンプレクサ種(complexa)で、アキシラリス種(axillaris)のワイヤープランツと、微妙に違うのでしょうか?本当のところは分からないままです。

資料不足で、断言はできませんが、
コンプレクサ種のワイヤープランツは、さまざまなな形のリングや、ワイヤーフレームを使って成形させ生長させる品種だと思われます。

花と緑の小さな図鑑INDEX

ゼンマイ(薇)
【英名】osmunda/royal fern
【学名】Osumunda japonicaもしくはOsmunda japonica
園芸店で購入したゼンマイ
写真は園芸品種のゼンマイ

ゼンマイ科/ゼンマイ属/多年草シダ植物
別名:ゼンマイ(銭巻)

山菜としては有名で、湿った野原、山地などに自生しています。
雄と雌の芽があり、オンナゼンマイ(栄養葉)とオトコゼンマイ(胞子葉)とがあります。

食用にされるのは、オンナゼンマイです。
アクが強いので生で食べられることはなく手間をかけてアク抜きします。
私は、調理の経験がありませんが、毛と、丸まった先端を取り除き、重曹を加えた湯で茹でて冷めまし、赤い色のついた水を替えてしばらく置きます。
これを天日干しし、乾燥したゼンマイをクルクルと両手で揉み、再び干すといった作業を繰り返し保存するようです。



レザーファン
【英名】leatherleaf fern/leatherleaf/seven week fern
【学名】Rumohra adiantiformis
オシダ科/Rumohra属ルモーラ属/常緑多年草シダ植物
別名:レザーリーフファーン

本来は岩や木などの上で育つ着生植物らしいのですが、切り花や鉢植えで売られているのを目にすることが多い。

花と緑の小さな図鑑INDEX

ハカタシダ(博多羊歯)
【英名】Indian holly fern/fern
【学名】Arachniodes simplicior
はかたしだ

オシダ科/カナワラビ属/常緑多年草シダ植物

葉面は、しっかりしていてアレンジのグリーンとしても利用できます。

明るい日陰を好み、地植えや、鉢植え、室内で観葉植物としても楽しめます。
真夏の炎天下を除き、1日2〜3時間でしたら太陽に当てても大丈夫です。
乾燥した空気を嫌いますので、葉に霧吹きのスプレーをしてあげます。

関西では屋外での越冬も可能言うで、寒さにも強いですし、たまに液肥を与える程度の管理の楽な植物です。

斑の無いものもあるらしいのですが、葉の真ん中に白緑色の斑が入っているのが特長です。

ハカタシダと同じカナワラビ属ではホソバカナワラビなどがあります。

花と緑の小さな図鑑INDEX


《カナワラビ属の仲間》
●ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
【英名】prickly shield fern
【学名】Arachniodes aristata
オシダ科/カナワラビ属/常緑多年草シダ植物
英名:プリックリーファーン

ハカタシダと同じ仲間です。

花と緑の小さな図鑑INDEX

ハラン(葉蘭)
【英名】aspidistra
【学名】Aspidistra elatior
左/土から葉が出てます 右/ハランの葉
左/土から葉が出てます 右/ハランの葉
別名:バラン
スズラン科/ハラン属/多年草
花開期 3〜4月頃
株分け適期 4〜6月頃

殺菌作用や、防腐作用があるので、昔は幕の内弁当の仕切りやお寿司を包むのに使われてました。
最近では『止まる寿司屋さん』で使われています。

園芸品種は、ホシハランや、シマハラン、アサヒハランなどがあります。

半日陰の湿った場所を好みますが、乾燥や寒さにも耐えてくれるので管理は楽です。
ハランノの葉は、土から直接出てくるのがおもしろいです。

花と緑の小さな図鑑INDEX
《コバノイシカグマ科の仲間》
●オウレンシダ(黄連羊歯)
【英名】なし/dennstaedtia fern
【学名】Dennstaedtia wilfordii
コバノイシカグマ科/コバノイシカグマ属/常緑シダ植物

●ヘイセンテット
【英名】hay scented fern/scented hay fern/hayscented fern
【学名】Dennstaedtia punctilobula
コバノイシカグマ科/コバノイシカグマ属/常緑シダ植物