ハーブINDEX  花と緑の小さな図鑑INDEX

ショウブ(菖蒲)
【英名】flagroot/calamus/sweetflag
【学名】Acorus calamus

雑 学
菖蒲の葉には、強い香りがあります。

邪気を払うと伝えられ、端午の節句には菖蒲湯に入ります。
菖蒲の葉茎を束ねて、湯船に入れる薬湯。
冷え性、安眠を招くなどの効果があります。

厄除けになるとして、玄関に飾られます。
蓬(ヨモギ)と菖蒲を一緒に束ねて、吊るす慣わしもあります。

花菖蒲とは、違う仲間。

育て方
ショウブ科/ショウブ属/多年草
別名:オニゼキショウ(鬼石菖)/フキグサ(葺草)
英名:スイートフラッグ
開花時期 4〜5月頃
株分け適期 3〜4月頃
葉の収穫時期 3〜9月頃
根茎の収穫時期 9〜3月頃


水やり・肥料
日本では、水辺や湿地に自生。
適度の湿り気を保ちながら管理します。


利用・効能
根茎を乾燥させた菖蒲根は、漢方薬として流通。
健胃(けんい)作用、鎮静作用(神経の緊張をほぐす)など。

根茎を利用する場合。
よく成長した株を選びます。
掘り出し、細かく刻んで乾燥させます。



《ショウブの仲間》
●セキショウ(石菖)
【英名】grassy leaved/Japanese sweet flag
【学名】Acorus gramineus

ショウブ科/ショウブ属/多年草


セキショウの根は、石菖根と呼ばれます。

薬効。
健胃作用、鎮静作用など。

ハーブINDEX  花と緑の小さな図鑑INDEX