初めに

精子バンク
↑トップへ
精子提供初めに 精子提供ご案内 精子提供者の自己紹介 精子提供の方法(人工授精) 精子提供の日々 精子提供に関するリンク 精子提供の問合せ先

精子バンク

  初めに   日記について   注意事項   精子提供までの流れ

  精子提供の条件   少子化問題


初めに

 ●精子提供に至る経緯やその他詳しくはこちら「information」をご覧下さい。

 ●私についてはこちら「profile」をご覧下さい。

 ●その上で、精子の提供を考える方はこちら「精子提供までの流れ」をご覧下さい。
  しかし、10人いれば10人の考え方や理由があると思います。
  ここで、紹介している『精子提供までの流れ』はあくまで参考であり、
  個々の事情にできる限り合わせるようにしますので、メールにてお尋ね下さい。
   


日記について

   「diary」では私がどのような人なのか?
  を少しでも分かって頂けるように、精子の提供についてだけではなく
  過去の経験や私生活を書いていきます。
  それによって、少しでも私の人間性がわかってもらえればと思います。
   


注意事項

 ●プライベート
  精子の提供をするに当たり、知る必要のないプライベートに関しては
  こちらから一切関与することはしません。

 ●誓約書(必要であれば)
  精子を提供する時には誓約書を交わします。
  内容は「親権は譲る」ことや「子育てに関与しない」など「暗黙の了解」
  とするような、当たり前と考えられる事柄をはっきりさせておきます。
  内容を確認したい方にはメールにて送付します。
  また、誓約書の内容についても個々の事情に合わせますので、
  ご要望に応じて適宜内容を変更します。
  ※お互いに個人を特定することはしません。
 
 ●諸経費
  交通費や検査費など、精子を提供するための費用は負担して頂いています。
  また、初めに3000円だけ別途頂いています。
  このような諸経費を全て負担して頂くことによって、「精子提供の条件」
  にある、『子供を育てることのできる経済力があること。』
  を満たしていると判断致します。
  例)大阪の方ですと、1回につき約千円(交通費など含めた総額)。
   


精子提供までの流れ

 eメールやTELにより、お互いの意思・人間性を確認します。
 ⊆尊櫃紡侈未掘⇒道僉人間性・履歴・健康診断結果の確認をします。
 Gタ韻泙任両楮戮魴茲瓩泙后(可・不可、健康診断、妊娠方法、日程)
 (※これは仮の進め方で、個々の事情に合わせていきます。)

 .住まい(県名不要、関東など):
 .お名前(仮名):
 .提供する時期:
 .要件・相談・質問など:

 上記機銑犬鬚患入の上メール下さい。

メールアドレス : a_sperm_bank@yahoo.co.jp
   


精子提供の条件

 ●子供を育てることのできる経済力があること。
   通帳などを見て確認をすることはしません。
   そこで、初回にお会いする時のみ3000円頂きます。

 ●先天性のある病気を持っていないこと。
   精子提供後は一切の連絡を取りませんが、
   子供の健康は願っているためです。
        
   


少子化問題

  日本が直面している問題に『治安の悪化』『格差社会』『少子高齢化』
 などがありますが、これらは全て『少子化』からきています。
 
  『少子化』によって、日本の人口が減少します。すると税収が減り消費
 も減ります。それによって、国の補助も削減され、企業業績も落ちるので
 必然的に終身雇用はなくなり、正社員も減少する。
  
  これより、社会不安や失業者が増え『治安の悪化』『格差社会』が生ま
 れます。また、『少子高齢化』に至っては言うまでもありません。

  このような社会情勢を政府はわかっているのだから、『格差社会は仕方
 が無い』と開き直るのではなくて、一刻も早く『少子化対策』の抜本的な
 改革をして欲しいです。例えば、同性愛を認めて『公的な精子バンク』の
 設立など。しかし、「そうなって欲しいなぁ〜」と指をくわえて待ってい
 ても仕方がないのですね。

  ただ、こんなことではなく『かわいい赤ちゃんが欲しい』と、子供を欲
 しい気持ちがあればそれだけで充分かもしれません。

   


お問い合わせ先はこちら



精子バンク, 不妊治療, 人工授精に関するHPです。
Copyright (c) 2015 Satoshi All Rights Reserved.


精子バンク