名古屋から全国に発信。読書会が
ブーム!?

トピックス

読書会が ブーム 地下鉄東山線藤が丘駅近くのジャズ喫茶で、夜な夜な熱い議論が交わされているのをご存知だろうか。これは、総勢600人のメンバーを擁する読書会。現在は文学、ビジネス、経済、P・ドラッカー(経営学・社会学)、歴史、村上春樹の6つの分科会があり、それぞれ月1回(歴史は2か月に1回)のペースで開催されている。取材に訪れた日に行われていたのは、文学の読書会「名古屋文学サロン 月曜会」。この日は約45人が3つのグループに分かれ、『仮面の告白』についての談義が活発に繰り広げられて…もっと読む»

ひろがる空間
栗本百合子と伊藤千帆

レビュー

馬場暁子
ひろがる空間約一年半ぶりに足を踏み入れようとしたそのとき、男の子のげんきな声が聞こえてきた。ここ「マルチプルチョイス」がお休みをしていた間に生まれたあたらしいいのちに…もっと読む»

ギャラリーを
堪能するコツ

アートのコツ

GALLERY CAPTION
GALLERY CAPTIONアートホリックをご覧の皆さん、こんにちは。GALLERY CAPTIONです。今回は「ギャラリーを堪能するコツ」 ということで、“ギャラリーにも足を運んでみたいけれど…もっと読む»

美術作家 伊藤千帆

インタビュー

Liverpoolアートホリックな人のいまをお届けするこのコーナーの第10回目は、マルチプルチョイスで展覧会「ひろがる空間-栗本百合子と伊藤千帆-」が開催中(~3月30日)の美術作家、伊藤千帆さんにお話をうかがいました…もっと読む»

春は地下鉄鶴舞線・名鉄犬山線でアートクルージング

特集

暖かくなってくると、ちょっと遠くへ出かけたくなる。都心のギャラリーや展示スペースもいいけれど、足を伸ばして小旅行気分で…もっと読む»

今回のブックレビューは、トピックスに登場いただいた月曜会代表の山本多津也さんのオススメの5冊を紹介していただきました。

ブックレビュー

無限の網-草間彌生自伝

草間彌生著 作品社
前衛芸術家、草間彌生の自伝。草間彌生はとんでもなくカッコいい。個人的なトラウマを克服するために作られたかのように見える…もっと読む»

芸術起業論

村上隆著 幻冬舎
芸術家の間では賛否両論あるのではないかと思うこの本だが、ビジネス読書会も主催している私としては、マーケティングの教科書にしたいくらいに面白く読めた…もっと読む»

アイランド・トリップ・ノート

森永博志著 A-Works
この本が好きな人とだけ友だちでいたい、と思った本。芸術であろうと放浪であろうと…もっと読む»

Bacon: Portraits and Self-Portraits

Francis Bacon Thames & Hudson
私は芸術を専門に学んだことはないが、絵や写真を見ることは大好きで、突然わけもわからず引き込まれる…もっと読む»

ジェイン・オースティンの読書会

カレン・ジョイ ファウラー著
矢倉尚子訳 白水社
アメリカで読書会が空前の大ブームになっている。ミドルクラスの女性の…もっと読む»