vol.9 | 2007年12月15日 土曜日 更新 | 今日の天気
名知聡子
 《天井の下》 パネル、アクリル 220×510cm 2007 撮影/大須賀信一

アートホリックな人のいまをお届けするこのコーナーの第9回目は、来年早々に東京オペラシティ アートギャラリー「project N 32」で紹介される、アーティストの名知聡子さんにお話をうかがいました。

 
名知聡子
《美しい結末》(部分)
+ギャラリー「ホームメイド」展や愛知芸術文化センター「新進アーティストの発見inあいち」では、壁いっぱいに少女を描かれていましたが、モデルは名知さん自身だというのは本当ですか? また、自分自身を描くようになったきっかけは?

どちらの作品もモデルは私です。その時に一番描きたかったのが私自身だったからです。それまでは動物や風景をコラージュしたり、想像の世界を抽象画のように描いたりして、何かを媒介にして伝えたいことを描いていたのですが、ダイレクトに自分を描くことで、より直接的に伝えることができました。またデッサンのように描写を追って描くことが素直に楽しかったからです。

特に+ギャラリーでは壁三面いっぱいに、さらに床にはみ出して描いていましたが、どういう意図で大きく描いたのですか?
名知聡子
《美しい結末》ミクストメディア 645.5×362×182cm 2006 撮影/大須賀信一

あの作品は、とにかく見る人が私に囲まれてほしかったから大きく描きました。逃げ場がないとか、そういう怖い意味ではなく、ただ私の中に入ってきてほしかった。「新進アーティストの発見inあいち」での作品や、他の作品もわりと大きいものが多いのですが、どれも似たような理由です。私の世界や私自身に囲まれてほしいと思う作品は、自然と大きくなります。伝えたい気持ちや、込められる思いがサイズに関係することが多いです。

名知聡子
《天井の下》(部分)
 
名知聡子
パフォーマンス風景
+ギャラリーの作品について「名知さんが人形になって死んでいる姿」だということですが、人形の姿、死んでいる姿の自分を描くことをとおして、名知さんが描きたい世界とはどんなものですか?

あの頃は失恋をする手前で、とても苦しかった気持ちが「人形になって死んでいる姿」になりました。見せしめみたいな感じですが、とにかくそれを知ってほしかったのです。それでも後悔はしていなかったので、タイトルを《美しい結末》としました。

名知さんはパフォーマンスもされるようですが、どんな内容のものですか? また、通常の制作とパフォーマンスは、名知さんの中でどういう関係にあるのですか?

パフォーマンスは、オープンスタジオ「daily work 2007」で初めてやりました。内容は、「新進アーティストの発見inあいち」で、絵画作品と一緒に展示した手紙の作品を、クラシックの演奏をバックに読み上げるというものでした。実際に私が声に出すことによって、歌のように感情がむき出しになるのがとても気持ちよかったです。パフォーマンスは普段あまり考えないのですが、自分自身が表現することによって、たまらない一瞬を感じました。これからも機会があったらやりたいなと思います。

名古屋のアートシーンについて、思うことを教えてください。

名古屋で制作をしていますが、名古屋というくくりでアートシーンを考えたことはあまりありません。けれど行きたい展覧会や、おもしろい作家さんはたくさんいます。特に不自由さや不便さを感じたことがないところは、とてもめぐまれている環境だと思います。

来年1月に東京オペラシティでの個展を控えていらっしゃる名知さんですが、展覧会への抱負や意気込みをお聞かせください。

今回のオペラシティでの展覧会は去年からいろいろと考えていました。私の作品はリアルタイムな感情によって作られることが多いので、この1年以上もの時間の中での気持ちの変化が、会場を歩くことで見てもらえるのがとても楽しみです。

展覧会スケジュール

開催中〜12月24日(月)L Gallery, F-1「GIRLEXHIBITION」
1月26日(土)〜3月23日(日)東京オペラシティ アートギャラリー「project N 32」

名知聡子 Satoko NACHI

1982  東京都生まれ
2005 名古屋芸術大学美術学部卒業
現在、愛知県在住

個展
2004 GALLERY MOCA(名古屋)

グループ展
2005 「ON」(GALLERY YAMAGUCHI/東京)
2005 「daily work」(art space dot/愛知)
2006 「ホームメイド」(+Gallery/愛知)
2007  第26回損保ジャパン美術財団選抜奨励展(損保ジャパン東郷青児美術館/東京)
2007 新進アーティストの発見inあいち(愛知芸術文化センター/名古屋)
2007 「daily work 2007」(art space dot/愛知