第4号 |  2006年9月15日 金曜日  

インタビュー

アーティストー松原奈々
アートホリックな人のいまをお届けするこのコーナーの第4回目は、最近「nano」というグッズブランドを立ち上げたアーティストの松原奈々さん…もっと読む»

特集

夏だ!アートだ!佐久島だ!!『佐久島体験紀』
佐久島体験紀 Artholicのメンバーと共通の知人と、総勢4人で佐久島へでかけました。佐久島は、愛知県の南の三河湾に浮かぶ3つの島のうちのひとつ…もっと読む»

レビュー

中田由絵展
「予感めいた静けさ」
青木野枝 “I want you to tell me everything you know about the beautiful night story”“Night story 2006”と題した物語の挿絵が、最初に目に入った。…もっと読む»

アートのコツ

アートを見るコツ(2)
今回はvol.2の平松伸之さんによる「アートのコツ」に引き続き、本誌編集メンバーの田中由紀子が「アートを見るコツ(2)」について書かせていただきます…もっと読む»

TOPICS

アートドラッグセンター最後の展覧会&
ガイコツカンパニーオープン

有馬かおる
展覧会DM  有馬かおる
「キワマリ荘の住人X楽画鬼の引っ越し」展
2006年9月1日〜10月1日、入場料1000円

わら半紙や新聞紙に描いたドローイングで知られるアーティスト、有馬かおるさんの個展「キワマリ荘の住人X楽画鬼の引っ越し」が、アートドラッグセンター(愛知県犬山市)で開催中だ(10月1日まで)。

アートドラッグセンターは、自身が住む長屋、キワマリ荘で有馬さんが1996年から運営するギャラリー。今年で10年を迎えるが、展覧会タイトルからも推測されるように、これが最後の展覧会となる。

会場には、わら半紙や包装紙に裸の少年や少女を描いた初期の作品から、「自分の外の世界に目を向けるきっかけになった」という写真作品、和紙に描いた文人画風の新作まで、有馬さんが「売りたくない作品ばかり」と語るほど、愛着深いものが並んでいる。なかでも10年間分のクロッキー帳は圧巻で、ドローイングだけでなく、ドローイングの合間に書かれた、作品や生きていくことに対する有馬さんの思いに直接触れることができる。今後は関東を拠点に活動するという有馬さんの、10年間の集大成ともいえるこの展覧会は必見だ!

サカイダヨーコさんが手がけるガイコツグッズの数々
 
カフェドガイコツの店内には、至る所にガイコツが

そして、キワマリ荘にはアートドラッグセンターに代わって、雑貨&喫茶「カフェドガイコツ」とアートスペース「スペースボーン」、アトリエ「オシャレコウベ」の3つのスペースからなるガイコツカンパニーが9月1日にオープン!取材時、「スペースボーン」にはサカイダヨーコさんの作品が展示されていたが、レンタルスペースとして利用者を募集中。またカフェに雑貨を置いてくれる人も探している。アートドラッグセンターの活動が終わるのは残念だが、ガイコツカンパニーの登場で、キワマリ荘はまたおもしろくなりそうだ。

アートドラッグセンター
〒484-0081
愛知県犬山市薬師町11-4 キワマリ荘
TEL 0568-61-6251
金・土・日曜日のみ開廊、13:00〜20:00

ガイコツカンパニー
〒484-0081
愛知県犬山市薬師町11-4  キワマリ荘
TEL 090-4256-0774(ガイコツカンパニー)
金・土・日曜日のみ営業、13:00〜20:00
(10月以降の営業時間は未定)


E-mail karisumayoko@yahoo.co.jp
携帯のアドレス cafe-gaikotu@ezweb.ne.jp
HP http://honeya.hp.infoseek.co.jp/