涼儚

 music 背景:Earth Beat

 



 

「やっと笑うことができたね。どうか、いつまでもその笑顔を。
ひまわりのような、その笑顔を―――」

思い出からは 何も生まれない。
だからこそ 心からの笑顔を。
そうしていれば また彼と逢える気がした―――

涼しげに頬を撫でる この秋風に願う。
どうか この想いを 笑顔とともに届けてください―――

                                                       ―作曲者様の曲紹介ページより―

 

 

〜遊び方〜

リズムに合わせて、下からやってくる矢印などが画面上部のオブジェに重なったときに対応するキーを押すゲームです。

矢印は各矢印キー(←、↓、↑、→)、右端のキャラクターはスペースキーを押してください。

半角にしないとスペースキーを押したときにうまく反応しないようです

 

 

※ サイズが少々大きめ(6Mオーバー)です。

重い方は申し訳ありませんが、いつものごとき長駄文でもお読みになってお待ちください。

 

 

記念すべき(?)10作目です。

 

このサイトにおける過去最長の曲! にもかかわらず難易度はなんと過去最易!

翡翠の橋から引き続き、曲の雰囲気も楽しんでもらえる作品に仕上がったと思います。

 

 

 ―曲、背景について―

 

                          一発で聞き惚れた。それだけです。

 

                          いやまぁそんなこと言ったら今までの作品ほぼ全ての曲がそうなんですけどw

                          最初に聞いたのが7月の頭くらい?だったかな?

                          7Fesが終わって夏の準備を始めたころで、当初は誕生日記念作品(7/20)にでもしようかな〜とか思ってたんですが、

                          夏が終わる頃の曲なのに7月はどうよ と思ったことと、何より鴉のソースの改造が全然進まなくて;

            そういえば、そもそも6分超えのバラードというお世辞にも音ゲー向きとは言えない曲を選んだのも、もとはといえば

            誕生日作品なら向き不向き関係なく、自分の気に入った曲で好き勝手やってもいいかな〜 とか思ったことが始まりだとか;

                          で夏祭り終わってから作ろうと思ったんですが、譜面が想像以上に難航したのと

            2学期が始まって急に忙しくなったために、結局公開は夏の終わりからだいぶ経ってしまいました(汗)

 

            背景ですが、今回(五月雨時雨の時のように)作曲者様のサイトにイメージCGがあったので、そちらを使用させていただきました。

            やはり曲専用のイメージCGだけあって、曲の雰囲気にとてもよく合っています。

            Eals 様、Thrpa 様、本当にありがとうございました。

 

 

―SWFについて―

            今回、自分で選んだ曲の中では初めてのボーカル曲ということで、曲中歌詞表示をしてみました。

                         今後もボーカル曲を扱う時には、可能な限り表示したいと思っています。

            テキストエフェクトも付いているので、重いという方は、オプション画面の Background を Non Vocal にすることで

            背景絵のみの状態でプレイすることができます。 また、Off にすることで背景絵もボーカルもない状態になります。

                         ”背景なし、歌詞表示のみ”という状態はおそらく需要がないと判断したので実装してないのですが、

            もしそのような状態でプレイしたいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。実装します。

 

                         そのうちオプション画面のレイアウトもしっかり考えないと……

 

 

                         そうそう、SWFのサイズが大きくなってしまって誠に申し訳ないのですが、

                         「音質は(初期設定を除き)128kbpsよりも下げない」というのが持論でして……

                         ”音質”と”プレイ中の処理落ち”が天秤にかかるならまだしも、”音質”と”ロード時間”を比べるのであれば

                         私は音質を取らせていただきます。勝手ではありますが、どうかご了承ください。

 

 

  ―譜面について―

 

 Easy         …… 6分超えで Easy という、おそらく他にそうそう無い譜面。

                         というか、この曲で Hard 譜面作れるものなら是非見せて欲しいものですwww

                         余談ですが、フリーズアローを全く使ってなかったり、密度最高の部分がサビ以外の部分だったりと、

                         これまでの私からしてみれば結構珍しい譜面かもしれませんね。

                         

                         さて、今回は色変化機能をそれなりに使ってみました。

                         通常の色変化と、鴉では全く使わなかった一斉色変化機能。

                         (名称はratiltさんFUJIさんが使用されていたものを使わせていただきます)

                         鴉の製作時には、「使いどころが難しい」と自分では思っていたんですが、

                         夏祭りの ratilt さん、FUJIさんの作品(こちらとかこちらとか)にて

            数フレームかけての変化という、素晴らしい使用例を見せていただきました。

                         今回、その変化方法を多用させていただきました。 これがまたこの曲とよく合いましてw

                         勝手ながらアイディアをお借りさせていただきました両氏には、この場を借りまして

                         多大なる感謝を述べさせていただきます。

                         本当にありがとうございました m(_ _)m

    

                         また、この色変化は強制でかかります。

                         結構力を入れたつもりなので出来れば是非見ていただきたいのですが、もしこの機能が原因で、

                         つまりは Background を Off にしても、処理落ちをする、という方がいましたら、お手数ですがこちらもご連絡ください。

                         選択式にすることを検討します。

 

                         なお、初期倍速では一部人によっては詰まっていると感じる箇所があるかもしれません。

                         また、判定のフレームを tickle さんソースの1,5倍速の値で固定しているので、

                         基本低倍速のこの譜面は判定が多少厳しめに感じるかもしれません。

                         が、出来れば倍速を最大にする等の行為はご遠慮いただけるとありがたいです。 曲が泣きます。ってか私が泣きますwww

            

 

 

             今回の譜面は間違いなく Easy です。 (それは秘密さんのツールでは5.05)

                          しかしながら、色変化、速度変化含め(もちろん譜面単体としても)中上級者の方でも楽しんでもらえるような譜面を目指しました。

                          「 音楽に合わせてボタンを押す」 という 、音ゲーの原点(だと私は思ってます)、感じ取っていただければ幸いです。

 

 

          

 

 

 

感想、意見、批判、バグ報告はこちらまで

suisyonoshizuku(雫)hotmail.co.jp 

(雫)を半角の@に変えてください